ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 愛知県行政手続情報案内システム > 指定採取源からの採取に係る種苗の証明

指定採取源からの採取に係る種苗の証明

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年10月16日更新
部局名所属名
農林基盤局林務課
手続名
指定採取源からの採取に係る種苗の証明
概要
種穂が指定採取源から採取されたものであること又は苗木が指定採取源から採取され
た種穂から育成されたものであることについての証明申請を知事にすることができる。
根拠法令
林業種苗法
条項
20条1項
手続対象者
すべての証明を受けようとする方
提出先
農林水産事務所又は農林基盤局林務課
提出時期
証明に係る行為に着手する日の30日前まで
提出方法
証明申請書、添付書類及び手数料(愛知県収入証紙で納入)を申請者の居住地を管轄
する農林水産事務所(名古屋市内については農林基盤局林務課)へ提出してください。
手数料
林業種苗証明申請手数料 種子:36,000円に種子1キログラムにつき5,900円として計算した額を合算した額、穂木:36,000円に穂木1万本につき5,100円として計算した額を合算した額
申請書様式・添付書類様式
申請書様式はこちら
添付書類・部数
 
受付時間
平日の午前9時から午後5時まで
ただし、正午から午後1時までを除く
相談窓口
申請者の居住地が名古屋市外の場合:農林水産事務所
申請者の居住地が名古屋市内の場合:農林基盤局林務課
審査基準
次に掲げる区分に応じ、当該各号に掲げる事実につき、担当職員が立会して確認する。
一 種子の証明 指定採取源からのきゅう果の採取、その精選及び種子を容器に入れ
 ること。
二 穂木の証明 指定採取源からの穂木の採取及びその包装
三 幼苗の証明 証明種穂のは種又はさし付け及び幼苗の包装
四 幼苗以外の苗木の証明 証明種穂のは種若しくはさし付け又は証明幼苗の床替え
 幼苗の床替え及び幼苗以外の苗木の包装
標準処理期間
60日
標準処理期間(詳細)
名古屋市外で行為の所在地が県事務所管外の場合 標準処理期間60日(うち本庁で
の処理日数45日、受付機関から本庁へ書類を送付するために要する経由日数15日)
名古屋市外で行為の所在地が県農林水産事務所管内の場合 標準処理期間45日
名古屋市内及び県外を含む場合 標準処理期間45日
備考
 

申請書様式