ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > しごと・産業 > 愛知のものづくり > 産業・科学技術 > 「知の拠点あいち」重点研究プロジェクト公開セミナー2014(超早期診断技術開発)の資料を公開します!

「知の拠点あいち」重点研究プロジェクト公開セミナー2014(超早期診断技術開発)の資料を公開します!

「知の拠点あいち」重点研究プロジェクト公開セミナー2014(超早期診断技術開発)の開催結果

 平成26年7月12日(土)に、あいち健康プラザにおいて、「知の拠点あいち」重点研究プロジェクト公開セミナー2014(超早期診断技術開発)が、県民の皆様、産業界、大学、公的研究機関及び行政等219名の参加のもと、盛況に開催されました。開催結果概要は次のとおりです。

<開催結果概要>

【講演1】

「超早期診断技術開発プロジェクト」について 

プロジェクトリーダー 名古屋大学 特任教授 太田美智男(おおたみちお)氏

【講演2】

「健康管理と超早期診断」

あいち健康の森健康科学総合センター センター長 津下一代(つしたかずよ)氏

【講演3】

「本プロジェクトの紹介」

・血管機能を測定する~血管の健康が体の健康~

 (株)ユネクス 代表取締役社長 益田博之(ますだひろゆき)氏

・尿中の塩分を測定する~尿による健康管理~

 (公財)科学技術交流財団 主幹研究員 奥村弘一(おくむらこういち)氏

・呼気ガス成分を測定する~呼気水素測定の意義~

 中部大学生命健康科学部 教授 近藤孝晴(こんどうたかはる)氏

・体の動きを測定する~シーツセンサで床ずれを予防~

 名古屋大学大学院情報科学研究科 教授 間瀬健二(ませけんじ)氏

 

【展示・実演】

・血管機能検査のための簡易計測装置の開発(資料1)

・トイレにおける健康管理装置の開発~センサ組込み便座~(資料2)

・イメージセンサ法と従来法(ELISA法)の比較(資料3)

・早期がん治療(手術)を支援する蛍光クリップおよび腹腔鏡下蛍光検出システム(資料4)

・セルレイアウターによる超高速単一細胞分離(資料5)

・呼気分析用のセンサデバイス開発(資料6)

・健康・医療のための布センサを用いた日常診断支援システム(資料7)

実演展示の開催風景

展示・実演の開催風景

問合せ

○愛知県産業労働部
・あいち産業科学技術総合センター
企画連携部企画室
担当 鹿野
電話 0561-76-8306(ダイヤルイン)

・産業科学技術課科学技術グループ
担当 吉富、福田
内線 3384、3383
電話 052-954-6351(ダイヤルイン)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)