ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 海部農林水産事務所 > 農業・農村の多面的機能

農業・農村の多面的機能

防災!安らぎ!農地のパワー
 ~ 農業・農村の多面的機能を紹介します ~

農業の一番の役割は、米や野菜・果物を栽培したり、牛や豚などの家畜を育てることにより、私たちが生きていくために必要な食べ物を生産することです。ただ、あまり知られていませんが、農業には食べ物を作り出すこと以外にも、大切な役割があります。その役割が「農業・農村の多面的機能」といわれているもので、私たちの生活に欠かせない機能となっています。
そこで、このページでは「農業・農村の多面的機能」について、ご紹介します。

1 洪水を予防します

地面に降った雨は、川から海へ流れ出します。
水田や畑などの農地は、雨水を地中に浸みこませたり、一時的に蓄えて、少しずつ流す機能を持っています。
もし、その機能が失われると、雨水は下流に向けて一気に流れ出し、洪水を引き起こすかもしれません。
このため農地は、「自然のダム」とも言われています。

雨が川を経由して海へ流れる様子

2 土砂の流出を防止します

農地が雨水を地中に浸透させたり、一時的に蓄えて少しずつ流す機能は、洪水を予防するだけではありません。
水の流れを緩やかにすることで、地面の土が流れ出すのを防いでくれるため、農地の浸食や崩壊を防止する効果もあります。

3 地下水を涵養します

農地に浸透した雨水は、その過程でろ過・浄化され、地下水となって、下流に流れます。
多くの雨水が地下水となることで、地下水位が安定し、下流域での地盤沈下を予防することができます。

農地に降った雨が水路等へ流れる様子

4 気温の上昇を緩和します

緑が少なく、舗装が進んだ都市やその近郊では、最近、ヒートアイランド現象などの温暖化が問題となっています。
それに対して農村地域においては、水田や農作物から多くの水分が蒸発し、同時に周囲の熱が奪われるため、気温の上昇が緩やかになっています。
都会から農村へ出かけた時、涼しく感じられた方も多いと思われますが、それは農地のおかげとも言えるのです。

水田から水分が蒸発する様子

5 自然環境を保全します

農地には多くの微生物が活動しており、耕すことによりその活動が活発になります。
微生物の活動は、土や雨水に含まれる生ゴミや有機物を分解し、農作物の肥料にしたり、土に戻したりします。
また、農作物は光合成により大気中の二酸化炭素を吸収し、酸素を放出することで、きれいな空気を生み出します。

農地が環境を保全する様子

6 美しい景観を形成します

農業が営まれている景観は、古来から日本に伝えられてきた風景であり、日本人の文化、心のよりどころともいえます。
農作物が育てられ、四季の移り変わりが美しい農村の景観は、人々に安らぎを与え、気分を落ち着かせる効果があると言われています。

 農村の春夏秋冬

7 日本独自の文化を継承します

日本の伝統・文化の多くは、農村での稲作を起源としており、現代でも稲の豊作を祝う祭りなどが各地で受け継がれています。
農村での農業を守り、継続することは、日本独自の文化の継承につながります。

蟹江町須成祭り 

蟹江町 須成祭り<宵祭り>

朝祭

<朝祭>