ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

愛知県 美術品等取得基金

ページID:0379771 掲載日:2022年3月3日更新 印刷ページ表示

美術品等取得基金

愛知県美術館及び愛知県陶磁美術館において、美術品等を安定して継続的に取得するため、美術品等取得基金を設置しております。
取得した美術品は、各美術館の所蔵品展や企画展において、皆様に公開しております。

概 要

目   的  愛知県美術館及び愛知県陶磁美術館における美術品、陶磁器及びこれらに関する資料(美術品等)の取得

設   立  1988(昭和63)年4月1日

条   例  美術品等取得基金条例 [PDFファイル/246KB]

基金総額  123億8,703万2,447円 (2021年4月1日現在)
        〈内訳〉 取得した美術品等(1,666件)  112億4,980万6,887円
               現 金                              11億3,722万5,560円

美術品等の収集方針

 
愛知県美術館 ・ 20世紀の優れた国内外の作品及び20世紀の美術動向を理解する上で役立つ作品
・ 現在を刻印するにふさわしい作品
・ 愛知県としての位置をふまえた特色のあるコレクションを形成する作品
・ 以上の作品・作家を理解する上で役立つ資料
愛知県陶磁美術館 ・ 日本陶磁史において、画期をなす時代の歴史的、美術的に優れた作品
・ 海外の代表的な窯業地の美術的、歴史的に優れた作品
・ 国内外を代表する近代・現代の陶芸作品並びに当地域を中心とする中部地方の代表的な陶芸作家の作品
・ 時代別、産地別に特徴を示す日本陶磁並びにこれに関連する外国陶磁資料

関連リンク

愛知県美術館ホームページ

愛知県陶磁美術館ホームページ

美術品等取得基金により購入した美術品の例


グスタフ・クリムト《人生は戦いなり(黄金の騎士)》1903年       エドヴァルド・ムンク《イプセン『幽霊』からの一場面》1906年       〈灰釉蕨手唐草文手付水注〉 瀬戸 鎌倉時代(14世紀前葉) 
グスタフ・クリムト                     エドヴァルド・ムンク                               瀬戸〈灰釉蕨手唐草文手付水注〉
《人生は戦いなり(黄金の騎士)》1903年      《イプセン『幽霊』からの一場面》1906年                    鎌倉時代(14世紀前葉)

Adobe Reader
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)