ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 高齢福祉課地域包括ケア・認知症対策室 > 議事概要(平成30年度第1回愛知県認知症施策推進会議)

議事概要(平成30年度第1回愛知県認知症施策推進会議)

平成30年度第1回愛知県認知症施策推進会議

1 日時

平成30年7月30日(月曜日)午後2時から午後3時15分まで

2 場所

愛知県三の丸庁舎 8階 会議室801
名古屋市中区三の丸二丁目6番1号

3 出席者

委員17名(別紙出席者名簿のとおり)
事務局11名

4 傍聴者数

0名

5 議題

(1)認知症施策の推進に係る条例の制定について
(2)ワーキンググループの設置について

6 議事概要

(1)認知症施策の推進に係る条例の制定について
〈主な意見〉
・「基本理念」に認知症予防の観点を取り入れてほしい。また、認知症のご本人の社会参加の視点も必要。
・「目的」や「基本理念」に認知症の人だけではなく、その家族も盛り込んでほしい。
・東日本大震災以降、改善されつつあるが、災害時の対応は重要な視点。
・条例には、人材育成の充実、専門機関の連携強化、若年性認知症の方の居場所づくりや就労支援の視点も重要。
・「じぶんごと」というのをどう事業者や県民に伝えていくのか、考えていく必要がある。
・県で条例ができ、関係機関・職種間の連携が進むことを期待している。
・条例を読んだ、事業所の方・県民の方・関係機関の方が、自分たちも動こう、「認知症じぶんごとONEアクション」となるよう、ワーキンググループの委員の方から意見を受けながら進められたい。
・認知症高齢者のひとり歩きに関して、警察と行政との連携が重要である。

(2)ワーキンググループの設置について
〈結果〉
・ワーキンググループの設置について了承を得た。

会議資料

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)