ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 高齢福祉課地域包括ケア・認知症施策推進室 > 愛知県版チームオレンジ事例集を作成しました

愛知県版チームオレンジ事例集を作成しました

愛知県版チームオレンジ事例集を作成しました

 地域で把握した認知症の人の悩みや家族の身近な生活支援ニーズ等と認知症サポーターを中心とした支援者をつなぎ、認知症になっても安心して暮らし続けられる地域づくりの活動である「チームオレンジ」は、2019年6月に国が策定した認知症施策推進大綱で2025年までに全市町村で取り組むことが目標とされました。

 本県では、この度、これからチームオレンジに取り組む市町村の参考となるよう事例集を作成しました。

掲載内容

【名古屋市北区】認知症サポーターが活躍できる地域づくりのしかけ

【豊橋市】大清水地区における地域住民による見守りネットワーク構築

【岡崎市】口と喉を鍛える「岡崎モクザえもん体操」普及啓発

【常滑市】地域ボランティア活動

【江南市】認知症カフェを中心とした地域連携とサポーター活動の推進

【知立市】住民主体の認知症ボランティア活動

【岩倉市】認知症カフェ「ケアドカフェひろみ」の取組

【豊明市】おたがいさまセンターちゃっとの活動(暮らしの困りごと支援)

【東浦町】オレンジパラソルによる認知症予防啓発活動

 

愛知県版チームオレンジ事例集

参考リンク

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)