ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 高齢福祉課地域包括ケア・認知症施策推進室 > 認知症カフェに関する実態調査について

認知症カフェに関する実態調査について

認知症カフェは、認知症の方ご本人の社会参加やご家族のレスパイトの場、地域住民や専門職等との多様な交流の場として期待されていますが、新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、これまでどおりの運営が困難となっています。

こうしたなか、県内市町村及び認知症カフェを対象に、コロナ禍における認知症カフェの現状や課題、取組事例等について実態調査を行いました。

調査概要

◆ 市町村調査

1. 調査対象

  県内54市町村

2.  調査方法

  県からメールにて調査票を送付

3. 調査期間

  2021年8月6日~8月17日

4. 調査項目

  カフェの役割、カフェに対する支援、新型コロナウイルス感染症への対応、課題 等

◆ 認知症カフェ調査

1. 調査対象

  県内の認知症カフェ506か所

2.  調査方法

  (送付)市町村経由で調査票を送付(メール、郵送等)、一部県から郵送にて送付

  (回収)ファクシミリもしくはメールにて返送

3. 調査期間

  2021年8月6日~8月31日

4. 調査項目

  開設主体、プログラム、開催頻度、参加者・運営スタッフ数、他機関との連携状況、課題、

  新型コロナウイルス感染症による影響(休止等の状況、取組の工夫等)  等

◆ 本人・家族ヒアリング

1. 実施人数・方法

  本人2人(個別ヒアリング)

  家族22人(認知症の人と家族の会世話人会、及び個別ヒアリング) 

2. 実施時期

  2021年8月、10月、11月

3. ヒアリング内容

  認知症カフェへのニーズ、新型コロナウイルス感染症の影響 等

調査結果

◆ 概要

〇 調査回収率

  市町村調査 52市町村/54市町村(96.3%)

  認知症カフェ調査 327か所/506か所(64.6%)

〇 開設主体別では、介護保険事業所が半数を占める〔報告書p2〕

〇 コロナ禍で開催されているカフェは、約1/3程度(186/506) 〔報告書p2〕

〇 コロナ禍の開催状況

  ・ 開催頻度に大きな変化はない〔報告書p22〕

  ・ 開催時間は短縮している 〔報告書p23〕

  ・ 参加者数は減少している(特に地域住民)〔報告書p26〕

◆ 報告書

 「コロナ禍における認知症カフェに関する実態調査」(概要版) [PDFファイル/801KB]

 「コロナ禍における認知症カフェに関する実態調査」(報告書) [PDFファイル/4.31MB]

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)