ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織からさがす > 畜産課 > 名古屋コーチン及びその鶏卵肉に関する基準の骨子

本文

名古屋コーチン及びその鶏卵肉に関する基準の骨子

ページID:0345549 掲載日:2008年3月24日更新 印刷ページ表示

名古屋コーチン及びその鶏卵肉に関する基準の骨子

名古屋コーチン及びその鶏卵肉に関する基準の骨子
 項目  内容
基準の目的 愛知県が系統造成した名古屋コーチンの交配等により生産される名古屋コーチン(以下「県が供給する名古屋コーチン」という。)を特定し、消費者に届く鶏卵肉が、県が供給する名古屋コーチンの鶏卵肉であることを明確にし、消費者の信頼確保に寄与すること
用語の定義 名古屋コーチンを「鶏の品種である名古屋種の鶏」と規定。
他に、「種鶏場」「種鶏」「実用鶏」「民間ふ化場等」「飼養農家」についても定義を規定
確認方法 「外形上の特徴」を備え、また、「DNA検査」により確認できるもの
生産・流通段階における必要な措置 1 民間ふ化場等
種鶏場は、民間ふ化場等に限り、種鶏を供給
民間ふ化場等の遵守事項(指定の交配様式、種鶏の譲渡禁止、実用鶏の交配禁止とその確認等)及び、誓約書の提出を規定
2 飼養農家
飼養農家の遵守事項(実用鶏の交配禁止、実用鶏の譲渡禁止等)及び、誓約書の提出を規定
3 処理から販売に関する事業者
実用鶏から生産された鶏卵肉に限り、県が供給する名古屋コーチンから生産された旨の情報を、販売先及び消費者に伝達
JAS法、食品衛生法、景表法、不当競争防止法など関連法令の遵守を明示
公表 「名古屋コーチン及びその鶏卵肉に関する基準」、「誓約書を提出した民間ふ化場等及び飼養農家の名称等」を、県のホームページにおいて公表
その他 この基準を遵守しない者に対しては、種鶏・実用鶏・その鶏卵肉の供給停止

 (参考)<名古屋種の外形上の特徴>

名古屋種の外形上の特徴
項目 特徴
とさか 鮮赤色、単冠
鮮赤色
赤栗色
じだ 鮮赤色
肉垂 鮮赤色
くちばし 淡黄褐色
羽装 バフ色
すね及びゆび 鉛色
卵殻色 桜色
白斑を呈するものもある。

関連コンテンツ 

名古屋コーチン及びその鶏卵肉に関する基準

 

問合せ

愛知県 農林水産部 畜産課
生産・流通グループ
電話:052-954-6426
E-mail: chikusan@pref.aichi.lg.jp