ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 畜産課 > CSF(豚コレラ)及びASF(アフリカ豚コレラ)の発生防止対策について

CSF(豚コレラ)及びASF(アフリカ豚コレラ)の発生防止対策について

CSF及びASFの発生防止対策について

 アジアでASFの流行が拡大し、中国から持ち込まれた豚肉製品から、生きたASFウイルスが見つかるなど、海外からの家畜伝染病の侵入リスクが高まっています。

 そのため、各関係機関が連携して、ASFウイルスの侵入を防ぎ、発生防止対策を進めていきます。

1 ASFについて

 ASFは、ASFウイルスが豚やいのししに感染する伝染病であり、発熱や全身の出血性病変を特徴とする致死率の高い伝染病です。ダニの媒介や感染した家畜等との直接的な接触により感染が拡大します。本病に有効なワクチンや治療法はなく、 発生した場合の畜産業界への影響が甚大です。

 日本では、これまで本病の発生が確認されていませんが、アフリカでは常在的に、ロシアや中国、韓国等でも発生が確認されています。各関係機関が連携し、本病の発生予防に努めることが重要です。


 なお、ASFは豚、いのししの病気であり、人に感染することはありません。

2 発生防止対策について

(1)海外からの侵入防止対策について

 中国や東南アジアの国々は、口蹄疫、高病原性鳥インフルエンザ、CSF、ASFなどの悪性伝染病の発生国であり、我が国はこれらの国からの動物及びそれに由来する肉の輸入を原則として、禁止しています。

 海外から手荷物や国際小包等で肉製品を違法に国内に持ち込まないよう注意してください。

 また、畜産に関係する仕事に従事している方々が、これらの国々を訪問した際には、家畜を飼育している農場などへの立ち入りは極力避けるようにしてください。

<関連リンク>

 肉製品などのおみやげについて(持ち込み)(動物検疫所Webページ)

(2)各畜産農家等における発生防止対策について

 CSF及びASFの発生を防止するために、各養豚農家において、日頃から飼養衛生管理基準を徹底することが大切です。

 また、汚染された豚肉等が、事業ごみ、家庭ごみ又は行楽地などで廃棄された場合、野生イノシシが捕食することで感染する危険性があるため、キャンプ場等の行楽地やごみ置き場などで肉製品等を放置しないよう注意してください。

<関連リンク>

 予防対策のポイント(農林水産省Webページ)

(3)各関係機関の連携について

 本県では、広報活動の強化や豚及びイノシシへの感染予防対策等、関係各局と連携し、CSF及びASFの発生予防対策を進めています。

 また、農林水産省においては、ASFウイルスの侵入防止策の強化について、関係省庁との協力を強化しています。

<関連リンク> 

 アフリカ豚コレラウイルス等の侵入防止策の強化に関する関係省庁との連携について(農林水産省Webページ)

お問い合わせ

愛知県農業水産局農政部畜産課 家畜防疫対策室 防疫第二グループ

名古屋市中区三の丸3-1-2
西庁舎5階 Tel:052-954-6120 Fax:052-954-6934

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)