ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

油ヶ淵水辺公園

ページID:0177575 掲載日:2021年12月7日更新 印刷ページ表示

油ヶ淵水辺公園

 

 油ヶ淵水辺公園は、愛知県で唯一の天然湖沼であり広々とした水面を持つ油ヶ淵とその周辺を含めた区域に、西三河で初めての県営都市公園として、平成17年10月18日に都市計画決定(平成23年8月16日に一部区域を変更)され、平成18年3月31日に都市計画事業認可(第一期整備区域、平成29年3月23日に一部区域の事業期間の延伸及び変更)を受け、平成30年4月29日に一部(約6.9ha)開園しました。

 令和2年9月1日に、Bエリア自然ふれあい生態園において開園エリア(約6.9ha→約7.5ha)を拡大しました。

 令和3年3月1日に、Eエリア桃の園において開園エリア(約7.5ha→約8.5ha)を拡大しました。

 令和3年7月1日に、Eエリア桃の園とハス池をつなぐ周遊園路を整備し、開園エリア(約8.5ha→約8.7ha)を拡大しました。

 令和3年12月1日に、Bエリア自然ふれあい生態園において遊具広場を整備し、開園エリア(約8.7ha→約9.2ha)を拡大しました。

 今後も、自然とふれあいの場、憩いの場及び市民の協働の場となり、愛着の持てる公園となるように、第一期整備区域の拡大整備を進めていきます。

都市計画決定及び第一期整備区域の面積                   

 

 

 

全体区域図 [PDFファイル/2.82MB]

案内マップ [PDFファイル/687KB]

令和2年9月1日の追加供用に伴う案内マップの修正部分 [PDFファイル/291KB]

令和3年3月1日の追加供用に伴う案内マップの修正部分 [PDFファイル/97KB]

 

 

 令和2年度に皆様からの人気投票を実施するなどして決定した遊具整備案の内、幼児用遊具と乳幼児用遊具が完成し、令和3年12月1日よりご利用いただいております。遊具の周りには休憩所や水遊び場もありますので、是非ご来園ください。

 また遊具広場を「ぶらリン広場」と命名しました。油ヶ淵の「ぶら」と三河弁の「りん」を組み合わせたもので、だれもがぶらっと来て遊べる広場となって欲しいという気持ちも込められています。

 なお、今後は児童用遊具等を整備してまいります。

 

ぶらリン広場の施設内容 [PDFファイル/390KB]

 

油ヶ淵水辺公園管理事務所 ホームページ

 

 

リンク

Link

画像をクリックすると移動します↑

Link

愛知県内の県営公園等についてはこちら↑

問合せ

愛知県 知立建設事務所 都市施設整備課 都市施設グループ
電話:0566-82-6494
 

Adobe Reader
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)