ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > くらし・安全・環境 > 社会基盤・交通 > 道路 > アンダーパス管理システムの緊急点検の結果について

アンダーパス管理システムの緊急点検の結果について

アンダーパス管理システムの緊急点検の結果について

 9月20日に清須市内の県道アンダーパスで発生した車両冠水事故に伴い、県管理道路において情報表示板等の管理システムを設置している27箇所のアンダーパスについて、9月26日から「緊急点検」を実施してまいりました。その結果は以下のとおりです。

1.点検結果

(1)現地点検期間

   平成28年9月26日から10月7日まで

(2)点検対象

   冠水が想定されるアンダーパス30箇所のうち、情報

   表示板等の管理システムを設置している27か所

   「緊急点検」結果一覧表 [PDFファイル/752KB]

(3)点検結果   

   確認した故障は下記の4箇所で、うち3箇所は復旧済み(10月18日現在)、

   残り1箇所は10月内に復旧予定。その他23箇所は全て正常に稼働することを確認。 

  【電源設備の故障】

    1箇所・・・緊急点検により新たに確認した不具合

    ○西枇杷島(にしびわじま)アンダー(清須市)

         ・ 停電時に非常用発動発電機を起動するためのバッテリー

         消耗 1台 ⇒点検日(10月3日)に予備バッテリーに交換し

                 復旧済 

  【字幕式表示板の故障】

    3箇所・・・点検開始時点で認められていた不具合

    ○古川(ふるかわ)アンダー(清須市)

         ・ 字幕式表示板の故障 1基 ⇒10月7日修繕完了し復旧済

    ○羽根(はね)アンダー(岡崎市)

         ・ 字幕式表示板の故障 2基 ⇒10月18日修繕完了し復旧済

    ○下三ツ木(しもみつぎ)アンダー(岡崎市)

      ・ 字幕式表示板の故障 3基 ⇒10月内の復旧に向け修繕中

2.今後の取組

 緊急対策後も、更なる安全・安心の確保に向けて、以下の

 取組を進めてまいります。

(1)点検体制の強化 ~ 出水期間中の定期点検の強化など

(2)修繕期間の短縮 ~ 交換部品の備蓄、劣化した部品の

                 予防的な交換など

(3)老朽化対策 ~ 老朽化が進行している字幕式表示板の

              LED化更新の早期完了など  

(4)その他の対策 ~ 冠水深さが判る路面・壁面表示やPR

               看板の設置、新たな技術の導入検討

               など 

問合せ

  愛知県 建設部 道路維持課 維持防災グループ 
  林、原山
  電話 052-954-6539 内線2698、2699
  E-mail: douroiji@pref.aichi.lg.jp

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)