ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 生活衛生課 > 保健所試験検査及び衛生研究所

保健所試験検査及び衛生研究所

1.保健所の試験検査に関すること

 保健所では、一般県民の方を始め食品関係従事者、水道事業者等の方から、細菌検査、水質検査等の依頼を受け、有料で検査を実施し、成績書をお渡ししています。

2.検査に関する御注意

保健所で実施する検査には、検体採取用の専用容器が必要となります。

受付日時は受付場所(保健所・保健分室)によって異なり、予約の必要な検査もあります。

 検体を御用意いただく前に、最寄の保健所・保健分室又は検査実施保健所(一宮、半田、衣浦東部及び豊川)へ、具体的な専用容器、検査項目、受付日、受付時間等を問合せください。

3.主な検査項目及び手数料について

 

主な検査の料金(令和元年10月1日現在)(単位:1件、1項目等について)
検査項目手数料(円)備考
糞便検査赤痢、サルモネラ ※1細菌培養1,770 
580 食品営業従事者等
赤痢、サルモネラ、O157 ※1細菌培養2,750 
1,120 食品営業従事者等
寄生虫卵検査塗抹法450 
血液検査HIV抗体検査イムノクロマト法2,220 別途、採血料250円が必要となります。
梅毒検査STS法(定性)
TP抗原法
1,610
食品検査食品衛生法適否定性分析2,500 
定量分析3,600 
微生物検査2,800 
飲食物の理化学定性分析1,700 
定量分析7,300 
飲食物の微生物簡易法2,600 
精密法12,600 
おしぼり検査8,100 
水質検査飲用水水質検査一般検査8,600  9項目
一般検査94,000 21項目
原水検査178,900 40項目
給水栓水検査240,400 51項目
浴用水水質検査3,400  3項目
レジオネラ属菌検査精密法11,900 
プール水水質検査5,500  5項目

 

※1 糞便検査のサルモネラについて
 糞便検査のサルモネラについては、腸チフス(Salmonella Typhi及びパラチフス(Salmonella Paratyphi A の検査を含んでいます。

4.衛生研究所について

 衛生研究所は、地域における科学的かつ技術的な中核機関として、地域保健に関する調査及び研究、試験検査の実施、公衆衛生情報の解析・提供を行うとともに、地域保健関係者に対する研修等を実施しています。

  → 衛生研究所のページを見る

問合せ

愛知県保健医療局生活衛生部生活衛生課
検査管理グループ
電話 052-954-6300(ダイヤルイン)
又は最寄の保健所に問合せください。