ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 県政情報 > 採用情報 > 職員採用情報(専門職等) > 児童相談センター(児童相談所)勤務の医師を募集しています

児童相談センター(児童相談所)勤務の医師を募集しています

「子どもたちの生命を守る仕事」

愛知県では、児童相談センター(児童相談所)に勤務していただく医師を募集しています。

採用は、ご希望に合わせて随時行っております。専門分野は問いません。

詳しい業務内容や待遇など、ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

児童相談センター(児童相談所)とは

子どもに関する様々な問題について、専門的な知識や技術を有する職員が、家庭などから相談を受け、子どもの養育環境などの調査や、子どもの状態の専門的な診断・判定を経て、必要となる援助を行っています。

また、これらの他に、子どもの一時保護や、児童福祉施設への入所措置、里親委託などの機能を有しています。

愛知県内(名古屋市を除く)には、全部で10か所設置されています。

児童相談センター勤務医師の役割

主に以下の業務を通じて、子どもやその家族等を援助します。

 ・ 診察、検査等による子どもの診断(虐待が子どもの心身に及ぼした影響に関する医学的判断)
 ・ 子ども、保護者等に対する医学的見地からの指示、指導
 ・ 医学的治療
 ・ 児童心理司等が行う心理療法等への必要な指導
 ・  一時保護している子どもの健康管理
 ・  医療機関や保健機関との情報交換や連絡調整

児童虐待に対する世間の注目が高まる中、児童相談所における医師の役割はますます重要になっています。

仕事紹介

こちらをご覧ください → 児童相談センター医師業務紹介 [PDFファイル/491KB]

 (実際に勤務している医師からのメッセージや、1日の業務例を掲載しています。)

応募資格・応募方法・待遇

こちらをご覧ください → 公衆衛生医師募集のページ

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)