ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 医務課 > 県内病院における医師不足の影響に関する調査結果について

県内病院における医師不足の影響に関する調査結果について

2020年3月18日公表

県内病院における医師不足の影響に関する調査結果について

 愛知県では、一般社団法人愛知県病院協会の協力を得て県内の全病院に対し、「医師不足を原因とした診療制限の状況」についての調査を行っています。本調査は、2007年度から毎年実施しており、本年度で13回目になります。
 この度、これまでの推移を取りまとめ、各年6月末の診療制限の状況を、診療科別、開設者区分別等により分析しましたので、お知らせします。
 なお、病院名については公表しないことを、調査に回答していただく際の条件としています。

調査結果のポイント

○ 診療制限をしている病院の割合は、増加(資料2頁)
○ 診療制限をしている病院の割合は、
  ・主な診療科別では、精神科、小児科、内科の順に高い(資料3頁)
  ・開設者区分別では、公的医療機関が最も高い(資料4頁)
  ・病床規模別では、300~399床の病院が最も高い(資料5頁)
○ 第2次及び第3次救急医療施設では、診療制限を行っている病院の割合は、
  ・第2次救急医療施設は減少、第3次救急医療施設は増減なし(資料6頁)

  第3次救急医療施設の診療制限は、救急以外の一部の診療科における診療時間の短縮等、救急業務以外の診療制限となっている。

※ 詳細は、下記資料を御覧ください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)