ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 児童家庭課 > 乳幼児の事故防止情報

乳幼児の事故防止情報

月齢・年齢別で見る起こりやすい事故

 1歳から9歳までの子どもの死亡原因は「不慮の事故」が最も多く、また、死亡にいたらないまでも、事故は日常生活の中で多発しています。

 子どもに起こりやすい事故とその要因を知り、事故を未然に防ぐ方法について認識を深めることが必要です。

月齢・年齢別で起こりやすい事故とその予防法

月・年齢

起きやすい事故

予防ポイント

新生児

周囲の不注意による事故

窒息

●誤って上から物を落とす

●クーファンごと赤ちゃんを落とす

●上の子が抱き上げて落としたり、物を食べさせたりする

●まくらややわらかい布団による窒息

●赤ちゃんの周囲には何も置かない

●抱いたまま転倒しないよう、足元も片づける

●安定した靴をはく

●赤ちゃんから目を離さない

●敷き布団は硬めを使用する

1か月~6か月

転落

●ベッド、ソファなどから落ちる

●ベッドの柵は必ず上げる

●ひとりでソファ、椅子などに寝かさない

 やけど

●誤って上から熱い物を落とす・こぼす

●熱い湯のシャワーをかけてしまう

●赤ちゃんが近くにいるときや、抱いたまま熱いものを扱わない

●風呂やシャワーは必ず湯温を確認

7か月~12か月 

誤飲

中毒

窒息

●たばこ、医薬品、化粧品、洗剤、コイン、などを誤って飲む

●お菓子、豆などの食品がのどにつまる

●多いのはタバコの誤飲。危険なものは赤ちゃんの手の届かない場所へ置く

●引き出しなどにはストッパーを

やけど

●炊飯器や加湿器の蒸気にさわる

●アイロン、ストーブにさわる

●ポット、鍋をひっくり返す

●テーブルクロスをひっぱり、スープやコーヒーなどをかぶる

●熱源は床に置かず、すべて赤ちゃんの手の届かない所へ

●ストーブに安全柵をつける

●食べ物・飲み物をテーブルの端に置かない

●テーブルクロスをしない

●台所に赤ちゃんが入れないよう柵などをつける

転落・転倒

はさむ

●扉、階段、玄関、ベッド、ベビーカー、イス

●階段や段差のある所には柵など転落防止対策を必ずする

●安全を確認しての開け閉め

溺れる

●浴槽や洗濯機に落ちて溺れる

●わずかな量でも残し湯はしない

●浴室に鍵を

●入浴時、水遊び時は目を離さない・ひとりにしない

車中のけが

●座席からの転落

●交通事故

●必ずチャイルドシートを使用する

1歳~4歳

転落・転倒

●ベランダや階段などからの転落

●箱、家具など踏み台になるようなものをベランダや窓際に置かない

やけど

●炊飯器や加湿器の蒸気にさわる

●アイロン、ストーブにさわる

●ポット、鍋をひっくり返す

●スープやコーヒーなどをかぶる

●ストーブ、アイロン、ポット、鍋などやけどの原因になるものに子どもがふれないようにする

●ストーブなどには安全柵をつける

溺れる

●浴槽に落ちて溺れる

●水遊び中の事故

●わずかな量でも残し湯はしない

●浴室に鍵を

●水遊び時はライフジャケットをつける・目を離さない

誤飲

中毒

窒息

●医薬品、化粧品、洗剤、コインなど、あらゆるものが原因になる

●お菓子、豆などの食品がのどにつまる

●危険なものは子どもの手の届かない所へ

●ピーナッツなど乾いた豆類を食べさせない

自転車事故

交通事故

●補助いすからの転落・自転車ごとの転倒

●道路への飛び出し

●自転車の補助いすに乗せるときは自転車専用ヘルメットを着用させる

●手をつないで歩く

火遊びによる死傷

●ライター、マッチなどによる火遊び

●チャイルドレジスタンス機能つきライターを使い、子どもの手の届かない所に置く

2 誤飲したとき、異物を飲み込んだときの応急手当

飲み込んだ異物により、対処の仕方が異なります。わからないときは”119番”で聞いてください。

3 病院へ連れて行くときのチェックポイント

(1)何を飲んだか

(2)いつ飲んだか

(3)どれだけの量を飲んだか

(4)顔色が悪いなどいつもと違うところはないか

(5)けいれんを起こしていないか

(6)意識がはっきりしているか

(7)誤飲したものの容器、袋、説明書などを持って行く

4 誤飲したときの連絡先

● 子どもが毒物(薬、化学薬品、有害植物など)を飲み込んだ場合は、毒物の種類によって応急手当の方法が異なります。わからないときは、”119番”、”かかりつけの医師”、又は、”中毒110番”へ問い合わせてください。

〈 (財)日本中毒情報センターの電話番号 〉

 ・ 大阪中毒110番

   072-727-2499 (24時間 365日対応)

 ・ つくば中毒110番

   029-852-9999 (9時から21時 365日対応)

 ・ たばこ誤飲の場合の専用電話

   072-726-9922 (24時間テープによる情報提供)

5 こども医療情報

問合せ

愛知県 健康福祉部 児童家庭課

E-mail: jidoukatei@pref.aichi.lg.jp