ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

助産施設

助産施設

助産施設とは

妊婦さんが保健上必要があるにもかかわらず、経済的な理由により、入院助産を受けることができない場合に、入所して助産を受けるために児童福祉法に基づいて設けられた施設です。

入所するには

上記の助産施設へ入所し、助産の実施を希望される方は、市にお住まいの方は市区福祉事務所に、町村にお住まいの方は所轄県福祉相談センター(地域福祉課)又は町村役場にご相談ください。
    入所の要件については、経済的に困っていることが要件の1つとなっており、一定収入以上の方は入所できません。詳しくは市福祉事務所等におたずねください。
   

入所者の負担金は

助産施設での負担金(利用料に相当するもの)は、その世帯の収入(所得税額、市町村民税額、出産育児一時金の額)に応じて、決まります。
助産施設(名古屋市、豊橋市、岡崎市所管施設を含みます)
名称所在地設置・経営主体
豊橋市民病院附属産院豊橋市青竹町八間西50豊橋市
岡崎市民病院附属産院岡崎市高隆寺町字五所合3番地1岡崎市
一宮市立市民病院附属助産所一宮市文京二丁目2の22一宮市
名古屋市立東部医療センター名古屋市千種区若水一丁目2-23名古屋市
名古屋市立西部医療センター名古屋市北区平手町1-1-1名古屋市

問合せ

愛知県 健康福祉部 児童家庭課

E-mail: jidoukatei@pref.aichi.lg.jp