ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 県政情報 > 広報・広聴・情報公開 > 審議会 > 東日本大震災に伴う災害廃棄物の受入れについて

東日本大震災に伴う災害廃棄物の受入れについて

平成24年3月24日公表

東日本大震災に伴う災害廃棄物の受入れについて

 東日本大震災で発生した災害廃棄物は約2300万トンと膨大な量に及んでおり、被災地復興の大きな妨げになっていることから、被災地以外の自治体による広域処理が不可欠となっています。

 また、本県は、岩手県や宮城県と産業、文化など多くの面でつながりがあり、両県の早期復興は、本県も強く望むものであります。

 こうしたことを踏まえ、本県では、両県の災害廃棄物の受入れについて、以下の検討を行うこととしました。

<検討項目>

1 災害廃棄物

岩手県、宮城県の災害廃棄物

2  場所

名古屋港南5区 2工区

 所在地:知多市緑浜町4番・2番の3の一部

3 災害廃棄物の処理方法

仮置き

焼却

最終処分

4 その他

・ 受入れ基準については、県独自の基準を設定します。

・ 具体的な処理方法については、今後、検討していきます。

【名古屋港南5区廃棄物最終処分場位置図】

 

 

 

 

 

 

問合せ

愛知県 環境部 資源循環推進課
調整・広域処分グループ
担当:宇都木、大林
内線:3070、3072
ダイヤルイン:052-954-6231