ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > くらし・安全・環境 > 環境 > あいちの環境 > 海岸漂着物対策検討会の現地研修会の実施について

海岸漂着物対策検討会の現地研修会の実施について

平成24年6月6日(水)発表

岐阜県、三重県及び名古屋市同時発表

海岸漂着物対策検討会の現地研修会の実施について

 海岸漂着物に関する様々な課題に、民間団体と連携して取り組んでいる海岸漂着物対策検討会では、環境団体「22世紀奈佐の浜プロジェクト委員会」が開催する「答志島 奈佐の浜海岸清掃」(後援:愛知県のほか環境省中部地方環境事務所、岐阜県、三重県、名古屋市等)への参加を通じて、海岸漂着物の現状確認を行うなど、今後の海岸漂着物対策の検討に活かすため、下記のとおり現地研修会を開催します。

1 日時

平成24年6月9日(土) 午前9時45分から午後4時まで

2 内容及び場所

(1)海岸漂着物の現状確認及び清掃活動(午前10時40分から午前11時45分まで)

奈佐の浜(三重県鳥羽市答志島)

(2)海岸漂着物に関する講演会の受講等(午後2時50分から午後4時まで)

海の博物館(三重県鳥羽市浦村町大吉1731-68)

<講演内容>

 ○「鳥羽市海岸漂着ごみの現状」鳥羽市総務課長 中村 孝(なかむら たかし)氏

 ○「かつて美しかった伊勢湾」 海の博物館館長 石原 義剛(いしはら よしかた)氏

3 出席者

三県一市の担当者(27人)

(参考)

1 海岸漂着物対策検討会

 海岸漂着物に関する様々な課題に三県一市(愛知県、岐阜県、三重県及び名古屋市)が連携して取り組むことを目的として、伊勢湾総合対策協議会に設置された検討会。

   会 長:三重県環境生活部大気・水環境課長

   事務局:三重県環境生活部大気・水環境課

2 22世紀奈佐の浜プロジェクト委員会

 答志島奈佐の浜の漂着ごみを100年後にゼロにしようと、東海3県の環境団体や漁協などが結成した団体。現在、約30団体が参加。

  委員長:鳥羽磯部漁協桃取町(ももとりちょう)支所 小浦 嘉門(こうら かもん)理事

  副委員長:鳥羽・海の博物館 石原 義剛(いしはら よしかた)館長

  事務局長:四日市ウミガメ保存会 森 一知(もり かずとも)代表

問合せ

愛知県 環境部 資源循環推進課

E-mail: junkan@pref.aichi.lg.jp