ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > あいち海上の森センター > 海上の森アカデミー 「森女養成コース」 の受講生を募集します!

海上の森アカデミー 「森女養成コース」 の受講生を募集します!

森女養成コース

森女養成コース

※募集は終了しました。

 

 あいち海上の森センターでは、県民の方に森林・里山林に関する知識と技能を習得し、身近な森林・里山林の保全に役立てていただくため、2017年度から「海上の森アカデミー」を開催しています。
 この度9~11月に、森に向き合う女性を応援する「森女(もりじょ)養成コース」を実施します。

コースの目的・概要

 スギ、ヒノキ等の人工林を健全に維持するためには、間伐などの適切な管理が必要ですが、手入れの遅れている森林も多く、多くの人がこの問題に目を向け、関わっていくことが求められています。

 山仕事は男性が行うイメージを持たれがちですが、道具の使い方や安全管理の方法を身に付ければ、女性も森林整備に取り組み、活躍することができます。

 この講座では、森林ボランティアなど、何らかのかたちで森づくりに関わる女性(=「森女(もりじょ)」)になるための基礎的な知識・技能を身につけます。

開催日程(全6回)・テーマ

プログラム
開催日テーマ場所内容
第1回9月21日(土曜日)「森の健康診断とデザイン」海上の森100円グッズを使って森林の状態を評価する手法を学び、どんな森林にしたいかを考えます。
第2回9月22日(日曜日)「はじめてのチェーンソー(1)」海上の森チェーンソーの操作方法を学びます。チェーンソーを使って木を正確な方向に安全に倒す方法を学びます。
第3回10月19日(土曜日)「はじめてのチェーンソー(2)」 
(宿泊・交流会)
足助きこり塾の森林
(豊田市御内町)
足助きこり塾の森林を見学します。林内で伐倒方向の見極めからロープのかけ方、伐倒までを実践します。
第4回10月20日(日曜日)「搬出・製材・加工」足助きこり塾の森林伐倒から造材、搬出、製材までの一連の流れを学びます。さらに、伐倒した木を加工し、材の活用を考えます。
第5回11月16日(土曜日)「山の棚おろし」海上の森林内に生育している木の数と質をチェックすることで、その資産価値を計算します。また、かかり木処理について学びます。
第6回11月17日(日曜日)「まとめ」海上の森選木から伐木・造材まで一連の作業を振り返り学習します。また、今後の活動をデザインします。

※全日程午前9時から午後4時まで

開催場所

海上の森(瀬戸市吉野町) ほか

対象・定員

森女森林の保全や整備に関心のある女性 10名

(※全日程参加できる方を優先します)

受講料

無料

ただし保険料1,200円程度が別途必要です。

また、10月19日の講座後に交流会を予定しています。交流会後に宿泊を希望される方は別途宿泊費が必要です。

講師

講師
講師名プロフィール
中島彩(なかしま あや)氏兵庫県丹波市で林業に従事。ダンサーから、27歳で林業の世界に転身。
住民参加型の森林整備活動の現場について、「現代林業」で連載。森づくり・人づくりの第一線で活躍中です。
鬼頭志朗(きとう しろう)氏三重県四日市市在住。「平日ビジネスマン・休日森林ボランティア」を経て、山造り研究所を設立「山守林業」を実践中。
全国の森林ボランティア・林業関係者と幅広いネットワークが持ち味です。
丹羽健司(にわ けんじ)氏全国各地で「森の健康診断」や「木の駅プロジェクト」を展開中。
矢作川水系森林ボランティア協議会や足助きこり塾の立ち上げに関わるなど、森と人をつなぎ、元気にするための様々な活動を行っていらっしゃいます。

受講申込み

森女※募集は終了しました。

 

受講生の決定

提出された書類により選考し、受講の可否を決定します。
受講の可否については、2019年8月31日(土曜日)までに応募者全員に郵送でお知らせします。

申込み・お問合せ先

森女あいち海上の森センター
〒489-0857
愛知県瀬戸市吉野町304-1
電話:0561-86-0606
FAX:0561-85-1841
メール:kaisho@pref.aichi.lg.jp
Webページ:http://www.pref.aichi.jp/kaisho/

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)