ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 環境調査センター > 令和元年度愛知県環境調査センター研究発表会

令和元年度愛知県環境調査センター研究発表会

令和元年度愛知県環境調査センター研究発表会の開催について

 愛知県環境調査センターでは、所員が取り組んだ環境保全に関する研究や、通常業務の中での分析方法の創意工夫などに関する研究発表会を毎年度行っています。

 令和元年度は、令和2年3月4日(水曜日)に、愛知県環境調査センター第1会議室において開催予定でしたが、新型コロナウイルス感染防止のため、開催を中止いたしました。

発表予定であった演題等については以下のとおりです。

発表演題

  1. 排ガス中ガス状水銀の採取方法について

    〇鈴木敦、苅谷恭平、吉田恭司、黒木誠、岩田篤志

  2. 閉鎖性海域周辺地域における微小粒子状物質(PM2.5)に関する研究

    〇牧原秀明、川上七恵、岩田杉夫、森下一行、梶田奈穂子

  3. 水銀水溶液の保存方法と還元気化原子吸光法の前処理操作の高精度化についての検討

    〇中西輝展、水野勝、河合孝枝

  

発表要旨

 1. 排ガス中ガス状水銀の採取方法について [PDFファイル/272KB]

    〇鈴木敦、苅谷恭平、吉田恭司、黒木誠、岩田篤志

 2. 閉鎖性海域周辺地域における微小粒子状物質(PM2.5)に関する研究 [PDFファイル/364KB]

    〇牧原秀明、川上七恵、岩田杉夫、森下一行、梶田奈穂子

 3. 水銀水溶液の保存方法と還元気化原子吸光法の前処理操作の高精度化についての検討 [PDFファイル/383KB]

    〇中西輝展、水野勝、河合孝枝

 

ポスターセッション

 特定悪臭物質(アルデヒド類)の分析方法に関する検討 [PDFファイル/234KB]

  川上七恵、長谷川和彦、杉原マナ、向井良吉

 有機化学物質のスクリーニングに関する研究の動向 [PDFファイル/1.67MB]

  川口豊太、竹内優一郎、久保田亨

 

問合せ

愛知県環境調査センター
電話: 052-910-5489
E-mail: kankyo-c@pref.aichi.lg.jp

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)