ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 環境政策課 > 「愛知県環境調査センター・愛知県衛生研究所」の建替えを行うPFI事業者と事業契約を締結しました

「愛知県環境調査センター・愛知県衛生研究所」の建替えを行うPFI事業者と事業契約を締結しました

 愛知県では、「愛知県環境調査センター・愛知県衛生研究所」の建替えを行うPFI事業について、本日、平成28年10月14日にあいちZEBサポート株式会社と次のとおり事業契約を締結しました。

1 事業の名称

愛知県環境調査センター・愛知県衛生研究所整備等事業

2 事業実施場所

名古屋市北区辻町地内 (敷地面積 約12,563平方メートル)

 新施設の鳥瞰図
新施設の鳥瞰図
※新施設の鳥瞰図は、大成建設グループからの事業提案に基づく現時点でのイメージであり、今後、実施設計により変更される場合があります。

3 契約者

 

名     称

あいちZEBサポート株式会社

住     所

名古屋市中村区名駅一丁目1番4号

代表取締役

野田 和義

資  本  金

1,000万円

株     主

大成建設株式会社

大成有楽不動産株式会社

  この法人は、平成28年7月14日に公表しました本事業の落札者である大成建設グループが、本事業を実施するために、平成28年8月10日に設立した特別目的会社(以下「SPC」という。)です。

 

4 契約額

金6,706,800,000円

5 契約期間

 平成28年10月14日から平成46年3月31日まで

 

平成28年10月14日から

平成31年3月31日まで

新施設の実施設計及び建設 (2.5年)

平成31年4月1日から

平成46年3月31日まで

新施設及び既設施設の維持管理 (15年間)

※ 現施設の取壊し及び外構工事は、平成31年12月まで実施

6 事業の概要

(1)事業方式

  SPCは、建替えを行う新施設の実施設計及び建設を行った後、県に施設の所有権を移転し、維持管理を行うBTO(Build Transfer Operate)方式により事業を実施します。

  また、維持管理は、建替えを行わない既設施設についても対象とします。

(2)事業の特色

  本事業は、次の基本方針に基づいて実施します。

 ア 本県の環境行政・衛生行政における拠点施設としての機能の維持・向上を図る。

 イ 「環境首都あいち」にふさわしい全国モデルとなる新エネ・省エネ施設とするため、最新の環境配慮技術を導入し、建物本体の一次エネルギー消費量を約75%削減し、公共施設初となるZEB※の実現を目指す。

 ウ 県民に親しみをもってもらえる施設とするため、小中学生の環境学習の場を設けるほか、新エネ・省エネ設備の見学ルートを設定する。

ZEB

※ ZEB (ゼブ) (ゼロ・エネルギー・ビルディング)
 建築物におけるエネルギー使用量を、省エネ性能の向上による削減と、再生可能エネルギーの活用等による創出エネルギーで賄い、一次エネルギー(石油、石炭、天然ガスなどを利用したエネルギー)の使用量をゼロ又は概ねゼロとする建築物。

(3)主な対象施設

施設名称

延床面積(平方メートル)

建設計画の内容

 

本館・研究棟(地上4階)

8,152.20

現施設の建替え

排水処理棟

48.00

別棟、騒音振動棟、高分解能質量分析室、
動物舎棟、危険物倉庫

1,420.70

既設施設としてそのまま活用

 ※上記以外に廃棄物庫、特定屋内貯蔵所、受水槽ポンプ室等を整備します。

7 「事業契約書」の公表

次のWebページで公表します。

   https://www.pref.aichi.jp/soshiki/kankyo/0000086019.html