ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > くらし・安全・環境 > 環境 > あいちの環境 > 「あいち環境絵本」の入選作品が決定しました!

「あいち環境絵本」の入選作品が決定しました!

平成19年12月3日(月曜日)発表

 愛知県では、次世代を担う子どもたちに、愛知の環境の大切さを伝えることを目的として、「環境」をテーマとした絵本作品を募集したところ、全国(14都府県)から107作品の応募がありました。

  審査の結果、大賞には、髙橋美智子(たかはしみちこ)さん(岐阜県山県市)の作品「ぼくらのつばき山」が選ばれました(大賞作品の概要は次のとおりです。)。

  また、この他、優秀賞は5作品、入賞は10作品、あわせて16作品が入選しました(入選者の一覧は下記のとおりです。)。

    これらの入選作品は、複製して幼稚園などに貸し出すほか、平成20年1月に春日井市で開催予定の「あいち環境絵本まつり(※)」でも展示・読み聞かせを行います。

  また、応募作品は、平成20年2月から、もりの学舎(まなびや)(愛・地球博記念公園内)に常設展示します。

 なお、この「あいち環境絵本」は、愛知万博の瀬戸愛知県館で開催され、人気を博した「あいち環境絵本」事業を受け継いで実施しているものです。

(※)「あいち環境絵本まつり」については、平成20年1月上旬に、別途記者発表を行います。

入選16作品

[入選16作品]

大賞作品:「ぼくらのつばき山」

作品の表紙
作品

< ストーリーのあらまし >
つばき山は、自然がたくさん残ったぼくたちの大切な遊び場でしたが、ある日、土を採取するために少し削られてしまうことになりました。
しかし、むらの人と工場の人達との話し合いにより、山を削った後には、以前の木や草と同じものを植えたりして、できる限り昔の状態を残すことになります。
ぼくは、こうした体験を通じて、大人になっても、つばき山を今のままで残しておこうと決心するお話です。

< 作品に込めた思い >
【作者 髙橋 美智子(たかはしみちこ)さん(岐阜県山県市)】
私の家の近くには、半分赤土でむき出しになっている山があります。私はその山を見ると、さみしい気持ちになり、緑でおおわれていたならばとよく思います。その山には、園芸店で売っているような立派な花でなく、昔そこにあった木、花、シダ、雑草などが似合うのに。
そう感じたことを絵本でやさしく伝えられたらいいな。そんな思いを込めて描きました。

「あいち環境絵本」入選作品一覧

賞名

作品

氏名(住所)

大賞

ぼくらのつばき山

髙橋 美智子 さん

(岐阜県山県市)

優秀賞

エコロじいちゃん

鬼頭 浩恵 さん

(名古屋市)

カンガルー・マイバッグ

中西 ゆみ子 さん

(名古屋市)

しまのこリップル

水野 洋子 さん

(名古屋市)

とびだせヤゴ太

とべ たみこ さん

(犬山市)

おかたづけの1・2・3

安江 希世子 さん

(岐阜県岐阜市)

入賞

もったいないりょうり

加藤 麻奈美 さん

(名古屋市)

だいじだいじ

小林 真騎子 さん

(名古屋市)

なにかおかしくない?

(ママのさけび)

西 栄梨香 さん

(名古屋市)

フラワさん

本部 綾華 さん

(名古屋市)

ジュニアのカバンやさん

松田 朋子 さん

(名古屋市)

自然っていいな

内藤 慎二 さん

(一宮市)

夢の種

こうむら きょうこ さん(文)

こうむら ゆきな さん(絵)

(豊田市)

ゆずちゃんとおばあちゃん

辻 君子 さん

(日進市)

エコ・エコ・エッコちゃん

土井 洋子 さん

(長久手町)

四角い山

和田 我夢 さん(作)

和田 まゆ さん(絵)

(福岡県)

※  大賞受賞者には賞状と賞金10万円、優秀賞受賞者には賞状と賞金5万円、入賞受賞者には賞状と賞金2万円がそれぞれ贈られます。

問合せ

愛知県 環境部 環境活動推進課
環境学習・情報グループ
内線:3027・3028
(ダイヤルイン)052-954-6208
E-mail: kankyokatsudo@pref.aichi.lg.jp