ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > くらし・安全・環境 > 環境 > あいちの環境 > 中部国際空港沖公有水面埋立事業環境影響評価方法書に対する知事意見の通知について

中部国際空港沖公有水面埋立事業環境影響評価方法書に対する知事意見の通知について

平成29年8月25日(金曜日)発表

 愛知県は、中部国際空港沖公有水面埋立事業環境影響評価方法書に対して、本日、13項目からなる環境の保全の見地からの知事意見を事業者(国土交通省中部地方整備局)に通知しました。

○ 中部国際空港沖公有水面埋立事業については、平成29年3月28日に環境影響評価方法書が事業者(国土交通省中部地方整備局)から知事に送付されました。

 

 

○ 本県は、当該方法書について、平成29年6月9日に愛知県環境影響評価審査会に諮問し、同年8月23日に同審査会から答申をいただきました。これを踏まえ、本日、環境影響評価法に基づき、環境の保全の見地からの知事意見を事業者に通知しました。

 

 

○ 知事意見の内容は別紙のとおりであり、事業計画等の具体化に当たっては環境影響の低減について検討すること、海域の動植物及び生態系への影響について適切に調査、予測及び評価を行うことなど、13項目です。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)