ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 感染症対策課 > 新型コロナウイルス感染症患者の発生について

新型コロナウイルス感染症患者の発生について

 2月17日(月曜日)に、次の患者から愛知県の保健所に相談があり、同日、愛知県衛生研究所で遺伝子検査を実施したところ、新型コロナウイルス陽性であることが判明しました。

 愛知県では、濃厚接触者の把握を含めた積極的疫学調査、健康観察等を実施するとともに、県民の皆様への周知・啓発に引き続き努めていきます。

1 患者概要

年代

 60歳代(日本国籍)

性別

 男性

居住地

 愛知県(尾張地方)

主な症状等

 発熱、全身倦怠感、軽度の肺炎所見あり

※本県が2月16日(日曜日)に発表した新型コロナウイルス陽性患者の知人であり、同患者の自宅で2月14日(金曜日)に接触しています。

 

2 経過

2月17日 37.1度の発熱及び全身倦怠感(容態は安定している)

       県内の医療機関(帰国者・接触者外来)を受診※1

       愛知県衛生研究所による遺伝子検査の結果、新型コロナウイルス陽性と判明

       県内の医療機関(感染症指定医療機関)に入院※1

※1 マスク等の着用をしたうえで、他の患者との接触を避けて受診しています。

※2 本人からの申告によれば、発症前14日以内に湖北省及び浙江省の滞在歴はありません。 

県民の皆様へ

  •  県民の皆様におかれましては、過剰に心配することなく、咳エチケットや手洗いの徹底などの感染症対策に努めていただくようお願いいたします。
  •  湖北省又は浙江省から帰国・入国された方あるいはこれらの方と接触された方で、咳や発熱等の症状がある場合には、最寄りの帰国者・接触者相談センターに相談してください。
※本情報提供は、感染症予防啓発のために行うものです。報道機関各位におかれましては、患者等の個人に係る情報について、プライバシー保護等の観点から、提供資料の範囲内での報道に、格段の御配慮をお願いします。

関連リンク