ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 感染症対策課 > 新型コロナウイルス感染症患者の発生について

新型コロナウイルス感染症患者の発生について

 3月7日(土曜日)に、以下の2名について新型コロナウイルスの検査依頼があり、愛知県衛生研究所で遺伝子検査を実施したところ、新型コロナウイルス陽性であることが判明しました。

1 患者Aについて(県内63例目)

(1)概要

年代

 60歳代(日本国籍)

性別

 女性

居住地

 愛知県(三河地方)

主な症状等

 発熱、下痢等(軽症)

※2月24日(月曜日)に、3月3日本県発表の新型コロナウイルス陽性患者(県内34例目(80歳代男性、整体を営む者))(注1)による施術を受けています。 (3月9日訂正)

(2)経過

 2月29日 発熱、下痢等

 3月6日 発熱(37.4度) 県内の医療機関(帰国者・接触者外来)を受診

 3月7日 愛知県衛生研究所による遺伝子検査の結果、新型コロナウイルス陽性と判明

       県内医療機関に入院予定

※ 本人からの申告によれば、発症前14日以内に海外渡航歴はありません。

※ 現在、5名の濃厚接触者を特定しています。

注1 県内34例目について

   年代:80歳代(日本国籍)

   性別:男性

   居住地:蒲郡市

2月17日(月曜日)~2月27日(木曜日)の間に、出張整体(個人形態)を受けた方は愛知県豊川保健所(帰国者・接触者相談センター 電話:0533-86-3177)に相談してください。 (3月9日訂正)

2 患者Bについて(県内64例目)

(1)概要

年代

 50歳代(日本国籍)

性別

 男性

居住地

 愛知県(尾張地方)

主な症状等

 発熱

 

(2)経過

 2月28日 倦怠感出現

 3月1日 発熱(38.2度)

 3月2日 発熱(37.4度) 県内の医療機関を受診

 3月6日 県内の医療機関を受診、肺炎と診断

発熱(39.0度) 帰国者・接触者相談センターに相談の上、県内の医療機関(帰国者・接触者外来)を受診し、入院 (容態は安定)

 3月7日 愛知県衛生研究所による遺伝子検査の結果、新型コロナウイルス陽性と判明

※ 本人からの申告によれば、発症前14日以内に海外渡航歴はありません。

※ 行動歴、濃厚接触者については現在調査中です。

 

3 その他

 今後、県として濃厚接触者の把握を含めた積極的疫学調査、健康観察等を実施するとともに、県民の皆様への周知・啓発に引き続き努めていきます。

本情報提供は、感染症予防啓発のために行うものです。報道機関各位におかれましては、患者等の個人に係る情報について、プライバシー保護等の観点から、提供資料の範囲内での報道に、格段の御配慮をお願いします。

県民の皆様へ

○ 県民の皆様におかれましては、過剰に心配することなく、咳エチケットや手洗いの徹底などの感染症対策に努めていただくようお願いいたします。

○ 次の症状がある方は「帰国者・接触者相談センター」にご相談ください。

  ・風邪の症状や37.5℃以上の発熱が4日以上続いている。

    (解熱剤を飲み続けなければならないときを含みます)

  ・強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある。

  ※ 高齢者や基礎疾患等のある方は、上の状態が2日程度続く場合

 センターでご相談の結果、新型コロナウイルス感染の疑いのある場合には、「帰国者・接触者外来」を案内しています。マスクを着用し、公共交通機関の利用を避けて受診してください。

 

関連リンク

このページに関する問い合わせ先

健康対策課

感染症グループ

名古屋市中区三の丸3-1-2  Tel:052-954-6272   Fax:052-954-6917