ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 河川課 > 水害対応タイムラインの運用開始について

水害対応タイムラインの運用開始について

水害対応タイムラインの運用開始について

愛知県、市町村、気象台等で構成する県内4圏域の水防災協議会※では、県が管理する洪水予報河川、水位周知河川の全28河川について、水害対応タイムラインを策定し、平成30年6月1日から運用を開始します。
水害対応タイムラインは、台風や前線による集中豪雨等の洪水を対象として、河川管理者、市町村等防災関係機関が、氾濫が発生した際に生じる状況をあらかじめ想定し共有した上で、「いつ」、「誰が」、「何をするか」に着目して、防災行動とその実施主体を時系列で整理したものです。
今後も引き続き、防災関係機関と連携、協力しながら、迅速かつ的確な防災対応に取り組んでいきます。

水害対応タイムライン策定河川(28河川)

(1)洪水予報河川(5河川)

  新川、天白川、日光川、境川、逢妻川

(2)水位周知河川(23河川)

八田川、矢田川、香流川、内津川、扇川、山崎川、大山川、五条川、

青木川、領内川、蟹江川、福田川、阿久比川、矢作古川、乙川、広田川、猿渡川、籠川、逢妻女川、音羽川、柳生川、梅田川、佐奈川

※「県内4圏域の水防災協議会」

庄内川・木曽川圏域水防災協議会

 矢作川圏域水防災協議会

 豊川圏域水防災協議会

 知多半島圏域水防災協議会

ホームページURL:https://www.pref.aichi.jp/site/aichi-mizuvision/