ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 建築指導課 > CASBEEあいちとは

CASBEEあいちとは

CASBEEあいちとは

 CASBEE(建築物総合環境性能評価システム)とは、省エネ・省資源・リサイクル性能などの環境負荷低減面と室内の快適性や景観への配慮などの環境品質・性能の向上面の両面から建築物の環境性能を総合的に評価するシステムで、国が中心となって開発・改訂している全国版の他に、自治体が独自に編集した自治体版があります。この全国版CASBEEを基本に愛知県独自の評価基準を加えるとともに、また愛知県における環境配慮重点項目の評価結果も表示できるようにするなど、愛知県の地域特性や関連する条例等諸制度を踏まえて開発したシステムがCASBEEあいちです。

評価内容

 住宅・建築物の総合的な環境性能を、次のL及びQの両面から一体的に評価し、その結果をわかりやすい指標BEE(環境効率)=Q/Lを用いて5段階(S、A、B+、B-、C)に格付けて表示します。
  • 環境負荷Lの低減性
    外部に与える環境負荷に係る要素(太陽光熱利用などの省エネ、雨水・リサイクル材活用などの省資源、公害防止など)
  • 環境品質・性能Q
    建築物の環境性能・品質に係る要素(室内の快適性や建物の使いやすさ、景観配慮など)

CASBEEあいちの特徴

 「CASBEEあいち」は、全国版CASBEEを基本に次の「愛知県独自の評価基準」及び「愛知県の環境配慮重点項目」を加えて編集しています。
  • 愛知県独自の評価基準
    人にやさしい街づくりの推進に関する条例等に基づく基準設定やあいくる認定材(リサイクル資材)・地域性のある資材などの使用等を基準に付加。
  • 愛知県の環境配慮重点項目
    「地球温暖化への配慮」、「資源の有効活用」、「敷地内の緑化」、「地域材の活用」の4つの重点項目について別途評価。

CASBEEあいち評価システムのソフト及びマニュアル