ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 健康・福祉 > 健康・医療 > 健康管理 > 「8020表彰者追跡調査」の結果について

「8020表彰者追跡調査」の結果について

「8020表彰者追跡調査」の結果について

8020

平成20年4月2日(水曜日)発表

「8020表彰者追跡調査」の結果について

「8020運動」は、昭和63年に本県が提唱し、いまや、全国展開されるに至った運動です。平成元年に全国で初めて「8020表彰事業」が愛知県歯科医師会によって行われ、その表彰者は1万人を上回っています。今回、8020事業での表彰者の方が表彰後どのようであったかを愛知県歯科医師会に委託し調査を行いましたが、その調査結果がまとまりましたのでご報告いたします。

1 調査対象

(1)平成元年度に8020表彰を受けた241名(現在の推定年齢100歳以上)

(2)平成13、14年度に8020表彰を受けた2,150名(現在の推定年齢85歳)
高齢者

2 調査期間

平成19年11月

3 調査結果

(1)現在の推定年齢100歳以上の方

 かかりつけ歯科医による追跡を行いましたが、住所不明等、本人の居住地が不明である場合が多く、追跡そのものが困難な状況でした。しかし、2名の方の生存が判明いたしました。

 お一人は、ご自宅にお住まいで、ご自宅近くのケアハウスでご自身の趣味を堪能され、楽しい毎日を送られていることがわかりました。また、もうお一人は、老人保健福祉施設に入所されてみえましたがお元気で、足腰は不自由な状況でしたが、お口から食事をされていました。

(2)現在年齢85歳の方

 85歳の方で協力が得られた329名の健康状態や生活状況については次のとおりでした。

調査結果

 本県では、『あいち福祉ビジョン』の中で、『活動的な85歳』を目標としておりますが、329人の方のうち、84%の方が生存しておられました。また、生存されている方のうち、介護支援等を受けていない「元気」な方が81%という状況でした。

●85歳の方のまとめ

 食生活も豊かで、煮豆、煮物、炒め物、生野菜はもちろん、イカの刺身や古たくわんなど、何でも不自由なく、食事を楽しまれているようでした。

 趣味も約70%の方がお持ちで、かかりつけ歯科医を持っている方も95%に達していました。

 また、「たばこを吸いますか?」「間食をよくしますか」との設問に90%以上の方が「いいえ」と答えていました。

 今回の調査結果から、健康長寿に『歯の健康』も役立っていることが明らかになりました。

 報告書は、各保健所、市町村保健センター等に配布します。

活動的な高齢者

問合せ

愛知県 健康福祉部 保健医療局健康対策課

E-mail: kenkotaisaku@pref.aichi.lg.jp