ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 健康・福祉 > 健康・医療 > 健康管理 > 喫煙によるがんのリスク

喫煙によるがんのリスク

 喫煙は肺がんを始め呼吸器、消化器系のがんとの間に因果関係があるとされています。さらに、心臓病などさまざまな生活習慣病の原因になることが指摘されています。

 また、喫煙は喫煙者本人のみならず周囲の非喫煙者にも影響を及ぼします。

 がんの予防の推進にあたって、喫煙対策は重要な課題となってきます。禁煙することにより、さまざまながんのリスクを下げることができます。

 たばことがんの詳しい関係については、以下のWebページをご覧ください。

 国立がん研究センター がん情報サービス:「たばことがん」(外部サイト)

 また、愛知県のたばこ対策については、「たばこ対策のページ」をご覧ください。