ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 健康・福祉 > 健康・医療 > 健康管理 > 愛知県アレルギー疾患医療拠点病院を指定しました

愛知県アレルギー疾患医療拠点病院を指定しました

 

 アレルギー疾患は、乳児期から高齢者まで、国民の約2人に1人が罹患していると言われており、その患者数は近年増加傾向にあり、大きな問題となっています。

 そのため、愛知県ではアレルギー疾患を有する人が、住んでいる地域にかかわらず、等しく適切な医療を受けられるよう、アレルギー疾患対策の中心的な役割を担う「愛知県アレルギー疾患医療拠点病院」(以下、「拠点病院」という。)を指定しました。

1 指定した拠点病院(順不同)

  名古屋大学医学部附属病院(昭和区)

  名古屋市立大学病院(瑞穂区)

  藤田保健衛生大学坂文種報德會病院(中川区)(平成30年10月10日付けで「藤田医科大学ばんたね病院」に名称変更)

  藤田医科大学病院(豊明市)(平成30年10月10日付けで「藤田医科大学病院」に名称変更)

  愛知医科大学病院(長久手市)

  あいち小児保健医療総合センター(大府市)

2 指定年月日

  平成30年10月1日

3 拠点病院の役割

  (1)重症及び難治性アレルギー疾患の正確な診断・治療・管理

  (2)患者やその家族、地域住民に対する適切な情報の提供

  (3)医療従事者等に対する人材育成

  (4)アレルギー疾患の実情を継続的に把握するための調査・分析

  (5)学校・児童福祉施設等におけるアレルギー疾患対応への助言・支援

4 その他

  拠点病院、医師会、市町村、患者家族会などを構成員とする「愛知県アレルギー疾患医療連絡協議会」を設置し、拠点病院を中心とする診療連携体制の在り方を検討するなど、アレルギー疾患対策の推進を図ります。

 

  【アレルギー疾患対策基本法に規定されているアレルギー疾患】

「アレルギー疾患対策基本法」第2条では「気管支ぜん息アトピー性皮膚炎アレルギー性鼻炎アレルギー性結膜炎花粉症食物アレルギーその他アレルゲンに起因する免疫反応による人の生体に有害な局所的又は全身的反応に係る疾患であって政令で定めるもの」と定められています。なお、政令で定めるものについては、現在のところ規定されていません。

 

 

  【アレルギー疾患医療拠点病院】

・一般医療機関からの紹介等に応じ、重症及び難治性アレルギー疾患患者に対し、関係する複数の診療科が連携し、診断、治療、管理を行います。

・アレルギー疾患の重症化の予防には、平時からの自己管理が重要であるため、患者、家族等に対し、アレルギー疾患に関する適切な情報を提供します。

・医療従事者及び、アレルギー疾患患者に日常的に接する、保健師、栄養士、学校・児童福祉施設等の教職員等の知識や技能の向上を図ります。

・本県におけるアレルギー疾患の実情を継続的に把握するための調査を行うとともに、国が長期的かつ戦略的に推進する全国的な疫学調査、臨床研究等に協力します。

お問い合わせ

愛知県 保健医療局 健康医務部 健康対策課
原爆・アレルギー対策グループ
電話:052-954-6268(ダイヤルイン)
内線:3150、3162
E-mail: kenkotaisaku@pref.aichi.lg.jp