ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 健康対策課 > 慢性腎臓病(CKD)について

慢性腎臓病(CKD)について

慢性腎臓病(CKD : Chronic Kidney Disease)とは?

 腎臓は、私たちの身体の健康を保つために、血液から老廃物をろ過し、尿として排泄したり、ミネラルなどのバランスを調整したり、血液を作り出すホルモンを分泌したりと、多くの機能を担っています。

 慢性腎臓病(以下、「CKD」とする)は、腎臓の機能が慢性的に低下したり、尿たんぱくが継続して出る状態をいい、症状が悪化すると人工透析や腎移植が必要となる病気です。生命や生活の質に重大な影響を与える病気ですが、腎臓は「沈黙の臓器」とも言われ、初期の頃はほとんど自覚症状がありません。そのため、病気が進行するまで気づかない人が多くいるといわれています。全国の推定患者数は約1,330万人とされ、これは成人の約8人に1人にのぼります。

CKDを予防しましょう

 CKDは、糖尿病や高血圧などの生活習慣病により発症リスクが高まりますので、生活習慣を見直しましょう。また、早期発見、早期治療のため、毎年、健康診断を受けましょう。

次に該当する方は、特に注意が必要です。

  • 高齢の方(高齢になると腎機能が低下するため、CKDの方が多くなります。)
  • 高血圧や糖尿病、肥満などの生活習慣病やメタボリックシンドロームがある方
  • 家族に腎臓病の人がいる方
  • たばこを吸っている方
  • 健康診断で尿蛋白が陽性または、腎機能が低下しているといわれたことがある方 ⇒早めにかかりつけの医師に相談し、指示に従いましょう

CKDと診断されたら・・

 CKDの方は、心臓病や脳卒中などの心血管疾患を引き起こしやすいことがわかっています。早期からの適切な治療と、健康的な生活習慣をもつことで病気の進行を予防しましょう。 

  • 定期的に通院し、医師の指示に従いましょう。
  • たばこを吸っている人は禁煙しましょう。
  • 食事・運動・休養など規則正しい生活を心がけましょう。
  • 高血圧、糖尿病や脂質異常症などの生活習慣病がある人は、その治療もしっかり受けましょう。
  • 感染症の予防に心がけましょう。
  • 腎臓へ負担がかかりやすい薬剤があるため、薬の処方を受ける時は、医師や薬剤師に相談しましょう。

世界腎臓デー

  毎年、3月の第2木曜日は、世界腎臓デー(*)です。愛知県では、世界腎臓デーに合わせて、CKDに関する啓発を行っています。

(*) 世界腎臓デーとは: 腎臓病治療の大切さを広く認知してもらうことを目的に、2006年に腎臓財団国際連合と国  際腎臓学会によって、毎年3月の第二木曜日が「世界腎臓デー」と定められました。

  令和2年度の取組

  CKD啓発動画とちらしを作成し、県内関係機関と協力して啓発を行います。

    ○ 啓発用ちらし [PDFファイル/1.3MB]

    ○ 啓発動画

     <第1部 メッセージリレー>
      
      ・ 湯澤 由紀夫 氏 ( 慢性腎臓病対策協議会委員長、藤田医科大学病院長 )
      ・ 西脇 毅 氏 ( 公益社団法人愛知県医師会理事 )
      ・ 奥村 智宏 氏 ( 一般社団法人愛知県薬剤師会常務理事 )
      ・ 藍川 智津 氏、市江 美津昭 氏、高橋 恵理香 氏 ( 公益社団法人愛知県栄養士会 )
      ・ 古川 善美 氏、木村 有紀枝 氏、竹森 由紀 氏 ( 愛知県市町村保健師協議会 )
     
     
     
     <第2部 CKDに関するミニ講座 その1 「腎臓病予防・腎不全」 > 
            講師:伊藤 恭彦 氏 ( 愛知医科大学医学部腎臓・リウマチ膠原病内科 教授 )
     
     

     <第2部 CKDに関するミニ講座 その2 「血液透析・腹膜透析」 >
            講師:春日 弘毅 氏 ( 医療法人偕行会名古屋共立病院 副院長 )
     
     

     <第2部 CKDに関するミニ講座 その3 「腎移植」 >
            講師:小松 智徳 氏 ( JCHO中京病院 泌尿器科医長 )
     

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)