ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 健康・福祉 > 健康・医療 > 保健・医療機関 > 食品の栄養成分表示が義務化されました

食品の栄養成分表示が義務化されました

○ このページでは、食品表示法及び食品表示基準に基づく食品の「栄養成分表示」や「保健機能食品」、健康増進法に基づき、食品への健康保持増進効果等に関する「誇大表示の禁止」について紹介しています。

栄養成分表示の義務化

平成27年4月1日に「食品表示法」が施行され、食品関連事業者に対し、原則として全ての予め包装された一般用加工食品および添加物に栄養成分表示(エネルギー、たんぱく質、脂質、炭水化物、食塩相当量)が義務化されました。(経過措置期間は令和2年3月31日まで)

令和2年4月1日以降に製造(又は加工・輸入)される加工食品及び添加物は、食品表示基準に従っている必要があります。食品関連事業者は、期限内に食品表示基準に従った表示に切り替えなければなりません。

詳細については、消費者庁ホームページをご覧ください。

 

栄養成分表示を活用しましょう

「栄養成分表示」とは、食品に含まれているエネルギー、たんぱく質、脂質、炭水化物、食塩相当量などを表示したものです。栄養成分表示を見て、上手に食品を選び、必要な栄養素を過不足なく摂取できれば、健康の維持・増進を図ることに役立ちます。

保健機能食品

「保健機能食品」とは、特定の保健の目的が期待できる(健康の維持及び増進に役立つ)という食品の機能性を表示することができる食品です。保健機能食品は、「特定保健用食品」「機能性表示食品」「栄養機能食品」に分類されます。

(1) 特定保健用食品

特定保健用食品(条件付き特定保健用食品を含む)は、食品の持つ特定の保健の用途(例:おなかの調子を整える)を表示して販売される食品です。特定保健用食品として販売するためには、健康増進法に基づき、その有効性や安全性の審査を受け、表示について消費者庁の許可を受ける必要があります。特定保健用食品、条件付き特定保健用食品には、許可マークが付されています。

 

 

(2) 機能性表示食品

事業者の責任において、科学的根拠に基づいた機能性を表示した食品です。食品表示基準に基づき、販売前に安全性及び機能性の根拠に関する情報などが消費者庁長官へ届けられたものです。ただし、特定保健用食品と異なり、消費者庁長官の個別許可を受けたものではありません。

 

(3) 栄養機能食品

1日に必要な栄養成分(ビタミン、ミネラルなど)が不足しがちな場合、その補給・補完のために利用できる食品です。すでに科学的根拠が確認された栄養成分を一定の基準量含む食品であれば、個別の許可申請や届出なしで、国が定めた表現によって機能性を表示することができます。

 

誇大表示の禁止について

 

食品として販売されるものの中には,表示している健康の保持増進効果が必ずしも実証されていないにもかかわらず,その効果を期待させるような広告等があります。これらの広告等を信じた国民が適切な診療機会を逸するなど、健康に重大な悪影響を及ぼす恐れがあります。

このため、健康増進法では、食品として販売に供するものに関して広告その他の表示を行う場合、健康保持増進効果等について、虚偽・誇大な表示を行うことを禁止しています。

 

 

健康保持増進効果の表示に該当するものの例

健康保持増進効果等

表示例

疾病の治療又は予防を目的とする効果

「肥満の解消」「虫歯予防」「ガンが治る」

身体の組織機能の増強、増進を主たる目的とする効果

「疲労回復」「食欲増進」「老化防止」「免疫機能の向上」

特定の保健の用途に適する旨の効果

「おなかの調子を整えます」

栄養成分の効果

「カルシウムは、骨や歯の形成に必要な栄養素です」

人の身体を美化し、魅力を増し、容貌を変え、又は皮膚もしくは毛髪をすこやかに保つことに資する効果

「皮膚にうるおいを与えます」「美しい理想の体型に」

含有成分の表示及び説明により表示するもの(商品名やキャッチフレーズ等による表示)

「スーパーダイエット○○(商品名)」「ダイエットの効果で知られる○○を△mg配合」

起源、由来等の説明により表示するもの

「古い自然科学書を見ると○○は肥満を予防し、消化を助けるとある」

新聞、雑誌等の記事、医師、学者等の談話、学説、経験談などを引用又は掲載することにより表示するもの

「○○を3ヶ月間毎朝続けて食べたら、9kgやせました(△県、 歳)」

行政機関や研究機関により効果等に関して認められている旨を表示するもの

「××研究所推薦○○食品」「△△国政府認可○○食品」

※「健康保持増進効果等」について、禁止の対象となる「誇大表示」に該当するか否かの判断は、一般消費者が表示から受ける印象・認識が基準となるため、表示内容全体から個別に判断されます。

相談窓口

食品表示法(栄養成分表示や保健機能食品に関すること)や健康増進法に基づく表示へのお問い合わせは、所在地を所管する保健所の健康支援課へお問い合わせください。

※ご相談いただく際は、事前に消費者庁の関係通知をご覧くださいますようお願いします。

保健所設置市(名古屋市、豊橋市、岡崎市、豊田市)にお住まいの方や営業者の方は、各市にお問い合わせください。

 

 

関連リンク

食品表示法等(法令及び一元化情報)( 消費者庁ホームページ)

機能性表示食品に関する情報(消費者庁ホームページ)

健康や栄養に関する表示の制度について(消費者庁ホームページ)

健康増進法(誇大表示の禁止)(消費者庁ホームページ)

 

問合せ先

愛知県 保健医療局 健康医務部 健康対策課
歯科・栄養グループ
電話:052-954-6271
E-mail: kenkotaisaku@pref.aichi.lg.jp 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)