ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 健康・福祉 > 健康・医療 > 健康管理 > 大学との共催による「子宮頸がん大学連携セミナー」を開催しました。

大学との共催による「子宮頸がん大学連携セミナー」を開催しました。

大学との共催による「子宮頸がん大学連携セミナー」を開催しました。

 女性特有のがんである子宮頸がんは、近年、20代~30代の若い女性に増えていますが、この世代の方が、子宮頸がんに関する正しい知識を持つ機会が少ないのが現状です。
 本県では、大学生の皆さんに正しい知識を持っていただくため、平成26年度から、大学と連携し、セミナーを開催する取組を始めました。
 平成30年度は「愛知みずほ大学・愛知みずほ短期大学」「愛知県立大学」との共催により、講演会を実施しました。

愛知みずほ大学・愛知みずほ短期大学

開催日時 平成30年10月4日(木曜日) 午後2時50分から午後4時10分まで
開催場所 愛知みずほ大学・愛知みずほ短期大学 1号館 5階 503教室
講演内容 (1)「がんと共に生きる」
       講師 若年がんサバイバー&ケアギバー集いの場 くまの間 代表 加藤 那津さん 
       (2)「知ろう!考えよう!がんについて」
       講師 名古屋市立大学 大学院医学研究科 公衆衛生学分野 助教 中川 弘子先生
参加者数 90名(愛知みずほ大学・愛知みずほ短期大学の学生、教職員等)

愛知県立大学

開催日時 平成30年11月28日(水曜日) 午後0時15分から午後1時15分まで
開催場所 愛知県立大学 H棟 H005 特大講義室
講演内容 (1)「がんは予防できると思いますか?」
       講師 名古屋市立大学 大学院医学研究科 公衆衛生学分野 研究員 渡邉 美貴先生
       (2)「大学生でがんを経験して」
       講師 山下 芙美子さん
参加者数 71名(愛知県立大学の学生、教職員等)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)