ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 健康・福祉 > 健康・医療 > 健康管理 > 「熱中症警戒アラート」発生時における注意喚起について

「熱中症警戒アラート」発生時における注意喚起について

「熱中症警戒アラート」発生時における注意喚起について

 環境省・気象庁が関東甲信地方を対象に試行的に運用していた「熱中症警戒アラート」が、本年度から全国運用されています。

 昨年度、愛知県では、独自に「愛知県熱中症警戒アラート」を発令し、県民の熱中症予防行動を促してきましたが、今後は、環境省・気象庁の発表に基づき、熱中症に対する注意喚起を行います。

 

1 実施条件

熱中症警戒アラートが発表された場合、前日17時30分又は当日10時に発表

2 実施期間

 2021年7月21日(水曜日)から9月15日(水曜日)まで

3 情報発信方法

 記者発表

 通知(県内市町村及び県保健所)

 県公式Webページ

4 情報伝達の流れ

 情報伝達の流れ

 

※環境省・気象庁「熱中症警戒アラート」

・ 熱中症との相関が高い暑さ指数(WBGT)を用い、熱中症の危険性が極めて高くなると予測された際に、危険な暑さへの注意喚起を呼びかけ、熱中症予防行動を促すための情報

・ 暑さ指数(WBGT)の値が33以上と予測された場合に、前日の17時頃と当日の朝5時頃に最新の予測値を基に都道府県単位で発表される。

・ 昨年度は関東甲信地方1都8県を対象地域として試行され、今年度から全国運用されている。