ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織からさがす > 健康対策課 > 糖尿病について

本文

糖尿病について

ページID:0236172 掲載日:2021年7月14日更新 印刷ページ表示

糖尿病はこんな病気です

 2016年国民健康・栄養調査によると、全国で、「糖尿病が強く疑われる者」と「糖尿病の可能性を否定できない者」は、それぞれ約 1,000 万人いると推計されています。

 糖尿病は、血液中の糖の量(血糖値)が慢性的に高い状態が続くことにより、全身に様々な悪影響を与える病気です。血糖値が高い状態がさらに続くと、命にかかわる合併症を引き起こすことがあります。

 日本人の糖尿病のほとんどは、遺伝的な要因に、過食、運動不足、喫煙などの生活習慣が影響して発病する2型糖尿病です。糖尿病を予防するために、健康的な生活習慣を心がけましょう。

 

 糖尿病と診断された方へ  ~糖尿病とうまくつき合っていきましょう                                                                   

  糖尿病は、初期の段階では自覚症状がほとんどありません。「検査と治療の継続」と「健康的な生活習慣の積み重ね」により、血糖値をコントロールし、「網膜症」、「神経障害」、「腎症」などの合併症を予防することが大切です。

 ○  糖尿病の発症予防や重症化予防のことなど、糖尿病のことを詳しく知りたい方はこちら

     ⇒ リーフレット「糖尿病に御用心!」 [PDFファイル/374KB]

 

11月14日は、「世界糖尿病デー」です  

 11月14日は、世界各地で、糖尿病の予防や治療を呼びかける啓発活動が実施されています。国内でも、建造物を糖尿病啓発のシンボルカラーである青にライトアップする「ブルーライトアップ」を始めとした様々なイベントが各地で開催されます。この機会に、糖尿病について考え、予防にむけた取組をはじめましょう。

○ 世界糖尿病デー全国各地のイベント(世界糖尿病デー実行委員会外部リンクへ) 

                                                                                 

Adobe Reader
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)