ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 県民安全課 > 自転車の点検・整備

自転車の点検・整備

日常的な点検・整備

 安全に自転車を利用するためには、日頃の点検・整備は欠かせません。自転車に乗る前に、ブレーキ、タイヤ、反射材(リフレクタ)、ライト、ベルなど異常がないか確認してください。

自転車安全整備店による点検・整備(有料)

 自転車安全整備店で点検・整備(有料)を受けると、傷害保険と賠償責任保険等が付帯されたTSマーク(Traffic Safetyマーク)(有効期間1年)が貼付されます。

TSマークとは

 TSマークは、自転車安全整備士が勤務する自転車安全整備店で点検整備(有料)した自転車に添付されるもので、青色マーク(第一種)と赤色マーク(第二種)があり、それぞれ付帯される保険の賠償内容が異なります。

 TSマークに付帯された保険(自転車保険)は、TSマークに記載されている日から1年間有効です。

自転車安全整備店はこちらで検索することができます。(公益財団法人日本交通管理技術協会のWebページへリンク)

第一種TSマーク(青色マーク)

TSマーク(青色マーク)

青色TSマーク付帯保険の補償内容
 概要死亡若しくは重度後遺障害入院(15日以上)
傷害補償TSマークが貼付されている自転車に搭乗中の人が、交通事故によって事故の日から180日以内に入院、死亡又は重度後遺傷害を負った場合に一律支払われる死亡若しくは重度後遺障害(1~4級)一律30万円1万円
賠償責任保障TSマークが貼付されている自転車に搭乗中の人が、第三者に死亡又は重度後遺障害を負わせたことにより、法律上の損害賠償責任を負った場合に適用される死亡若しくは重度後遺障害(1~7級)一律1,000万円
被害者見舞金TSマークが貼付されている自転車に搭乗中の人(加害者)が、第三者(被害者)に傷害(入院加療15日以上)を負わせ、法律上の損害賠償責任を負担した場合に一律に支払われる

※重度後遺障害の等級は、自動車損害賠償保障法に定める等級に該当。

第二種TSマーク(赤色マーク)

TSマーク(赤色マーク)

赤色TSマーク付帯保険の補償内容
 概要死亡若しくは重度後遺障害入院(15日以上)
傷害補償TSマークが貼付されている自転車に搭乗中の人が、交通事故によって事故の日から180日以内に入院、死亡又は重度後遺傷害を負った場合に一律支払われる死亡若しくは重度後遺障害(1~4級)一律100万円10万円
賠償責任保障TSマークが貼付されている自転車に搭乗中の人が、第三者に死亡又は重度後遺障害を負わせたことにより、法律上の損害賠償責任を負った場合に適用される死亡若しくは重度後遺障害(1~7級)1億円
被害者見舞金TSマークが貼付されている自転車に搭乗中の人(加害者)が、第三者(被害者)に傷害(入院加療15日以上)を負わせ、法律上の損害賠償責任を負担した場合に一律に支払われる一律 10万円

※重度後遺障害の等級は、自動車損害賠償保障法に定める等級に該当。

自転車安全整備士とは

 公益財団法人日本交通管理技術協会が実施する自転車安全整備技能検定に合格し、自転車の点検整備や自転車の正しい乗り方等の安全指導について専門的な知識と技能を有するエンジニアです。

関連リンク

愛知県警察

その他