ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織からさがす > 県民安全課 > 性犯罪・性暴力被害者のための支援

本文

性犯罪・性暴力被害者のための支援

ページID:0359295 掲載日:2022年7月15日更新 印刷ページ表示

性暴力トップの画像



被害にあった  あ な た は 悪 く な い
あなたの 助けになるところ
あなたの 思いを受けとめる人
ひとり ひとり を 大切にする支援を築いていきます


 性犯罪・性暴力の被害に遭われた方へ

 愛知県では、性犯罪・性暴力の被害に遭われた方に対し、早期から適切な支援を行い、心身の回復を図ることができるよう、被害者支援の取組を推進しています。

相談窓口の御案内

 性犯罪・性暴力の被害で悩んでいる方は、少し勇気を出して、御相談ください。
 相談は無料で、秘密は必ず守ります。

  • ワンストップ支援センターの相談・お問い合わせ先

性暴力救援センター日赤なごや なごみ

  名古屋市昭和区妙見町2-9 日本赤十字社愛知医療センター名古屋第二病院内
 電話:052-835-0753(24時間365日対応)
 短縮ダイヤル:#8891(はやくワンストップ)※愛知県内からのみ通話可能
 http://nagomi.nissekinagoya.jp/

ハートフルステーション・あいち

 一宮市桜一丁目9-9 総合大雄会病院内
 電話:0570-064-810(月~土 9時~20時)※日曜日、祝日、年末年始は除きます。
 https://www.pref.aichi.jp/police/soudan/heartful/

  • その他の相談・お問い合わせ先

公益社団法人被害者サポートセンターあいち

 名古屋市中区丸の内二丁目14-21
 電話:052-232-7830(月~金 10時~16時)※土曜日、日曜日、祝日、年末年始は除きます。
 https://www.higai7830.or.jp/

ココカラウィメンズクリニック

 名古屋市東区泉1-23-36 NBN泉ビル4F
 電話:052-959-3553(ご予約専用)、052-950-5077(ご予約以外のお問い合わせ)
 http://cocokara-clinic.com/dv

性犯罪・性暴力被害者のためのワンストップ支援センターの全国共通番号

 内閣府男女共同参画局では、全国共通番号「#8891(はやくワンストップ)」に連絡すると、最寄りの「性犯罪・性暴力被害者のためのワンストップ支援センター」に繋がるサービスを実施しています。
 「性犯罪・性暴力被害者のためのワンストップ支援センター」とは、性犯罪・性暴力に関する相談窓口で、医療・法律などの総合的な支援につなぎます。ひとりで悩まずに、まずはご相談ください。

 ※全国共通短縮番号は、一部のIP電話、PHSからはつながりません。

 詳しくは内閣府男女共同参画局のホームページをご覧ください。

 内閣府男女共同参画局ホームページ 性犯罪・性暴力対策(外部リンク)

 ♯8891(表) ♯8891(裏)

性暴力に関するSNS相談「Cure time(キュアタイム)」

 キュアタイム

 内閣府男女共同参画局では、性暴力に関するSNS相談「Cure time(キュアタイム)」を実施しています。
 性的なことをされて、イヤだったこと、つらいこと、一人で抱えこんでいませんか。
 暴力をふるったり傷つけたりすることだけじゃなく、あなたがイヤだと思っているのに無理やりされる性的な行為もすべて暴力です。
 これって性暴力?と思うような悩みも、性暴力のSNS相談「Cure Time(キュアタイム)」に相談してください。

 チャットでの相談は、毎日17時から21時まで受け付けています。

  • チャットでお話を伺います。
  • 匿名で相談できます。
  • 年齢・性別を問いません。
  • 男性の方、LGBT(セクシュアルマイノリティ)の方からの相談も受け付けます。

  Cure time(キュアタイム)(外部リンク)

  ・Twitter(ツイッター)(外部リンク)

ひとりで悩んでいませんか

 愛知県では、県内全ての高校生を対象に、性犯罪・性暴力の被害に遭った際の相談窓口を記載したカードを配布しています。
 デザインについては、自由に御活用ください。            

  カード表  カード裏


参考資料
◆ フォレンジック看護ー性暴力被害者支援の基本から実践まで
                                 ISBN978-4-263-23678-9
               編集 加納尚美・李 節子・家吉望み
               執筆 日本フォレンジック看護学会
               発行所 医歯薬出版株式会社 

序に、「誰もが理解できる入門書」とすることを目指しました。本書はフォレンジック看護学原論,フォレンジック看護に必要となる重点知識,性暴力被害者支援の実践の3部構成で,理念・知識・実践を一連として学ぶことができます。と記載がありますが、入門書としてわかりやすい本です。