ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 建設企画課 > 押印廃止に伴う施工関係書類等の取り扱いについて

押印廃止に伴う施工関係書類等の取り扱いについて

工事及び業務関係書類の取り扱いについて

工事及び業務関係書類の押印廃止について

令和3年1月1日をもって、愛知県建設局、都市整備局及び建築局が所管する全ての工事及び委託業務に対し、別表に示した施工関係書類等の押印を廃止します。(契約中の工事及び委託業務を含む。)
なお、契約書類等の各種様式は修正済みです。

工事及び業務関係書類の押印廃止について(通知) [PDFファイル/630KB] (別表含む。)

各種仕様書等の改定について

押印廃止に伴い、土木工事標準仕様書、測量業務共通仕様書、土質・地質調査業務標準仕様書、設計業務等共通仕様書、建築設計業務委託共通仕様書及び建築工事監理業務委託共通仕様書について下記の新旧対照表により運用します。
なお、改定内容は順次反映していきます。

土木工事標準仕様書 新旧対照表 [PDFファイル/28KB]

測量、土質・地質調査、設計業務等共通仕様書 新旧対照表 [PDFファイル/28KB]

建築設計業務委託共通仕様書 新旧対照表 [PDFファイル/48KB]

建築工事監理業務委託共通仕様書 新旧対照表 [PDFファイル/35KB]

施工関係書類等の事務処理について

(1)施工関係書類

○建設局及び都市整備局発注工事

令和2年4月以降に契約する全ての工事(電子納品を行わない工事等を除く)で情報共有システムを利用しており、対応に変更はありません。なお、電子納品を行わない工事等については、委託業務関係書類の取り扱いに準じます。

○建築局発注工事

情報共有システムを利用していない工事における受注者から発注者への提出方法は、紙・電子データのいずれも可とします。なお、情報共有システムを利用する工事は、対応に変更はありません。

(2)委託業務関係書類

建設局及び都市整備局発注業務は、受注者から発注者への提出方法は電子データによるものを基本とします。

建築局発注業務は、受注者から発注者への提出方法は、紙・電子データによるもののいずれも可とします。

打合せ・記録簿及び資料を一体のPDFとし、電子メールに添付して発注者に送信してください。
なお、従来、打合せ・記録簿は業務担当者等の押印をすることとなっておりましたが、氏名の表記等のみとします。

施工関係書類等の押印廃止に係る事務処理について(通知) [PDFファイル/253KB]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)