ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 企画課 > 【知事会見】次期あいちビジョン骨子案を取りまとめました

【知事会見】次期あいちビジョン骨子案を取りまとめました

次期あいちビジョン骨子案を取りまとめました

 愛知県では、現行の長期計画である「あいちビジョン2020」が今年度で計画期間を終了することから、2040年頃の社会経済を展望し、2030年度までに重点的に取り組むべき政策の方向性を示す、次期あいちビジョンについて、昨年度から、外部有識者等による懇談会を開催するなどにより検討を進めてきました。
 この度、別添のとおり、次期あいちビジョンの骨子案を取りまとめましたので、お知らせします。今後はこの骨子案を基に、引き続き懇談会等で意見を伺いながら検討を進め、11月頃を目途にビジョンを策定する予定です(骨子案概要は別紙参照)。

1 策定趣旨・目的

 リニア中央新幹線が全線開業し、スーパー・メガリージョンの形成が見込まれる2040年 頃を展望し、2030年度までに重点的に取り組むべき政策の方向性を示す。

2 目標年度

 2030年度

3 骨子案の構成

(1) 2040年頃の社会経済の展望
(2) めざすべき愛知の姿
  2040年頃の4つのめざすべき愛知の姿について記載。
(3) 地域づくりの推進にあたっての横断的な視点
  めざすべき愛知の姿の実現に向けた取組を推進していくにあたって、留意すべき横断的な視点について記載。
(4) 重要政策の方向性
  めざすべき愛知の姿の実現に向けて、2030年度までに重点的に取り組むべき10の政策の方向性について記載。
(5) 地域別の取組方向
  県内各地域の地域づくりについて、尾張地域、西三河地域、東三河地域の3地域に分けて、地域のめざすべき将来像や地域づくりの方向性と主な政策を記載。

4 今後のスケジュール

8月〜9月頃  次期あいちビジョン有識者懇談会・分科会
10月頃     パブリックコメント
11月頃を目途 ビジョン策定

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)