ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 企画課 > 【傍聴申込みの受付を終了しました】第1回「あいち外国人材適正受入れ・共生推進協議会」を開催します

【傍聴申込みの受付を終了しました】第1回「あいち外国人材適正受入れ・共生推進協議会」を開催します

第1回「あいち外国人材適正受入れ・共生推進協議会」を開催します

 愛知県には、現在、東京都に次いで全国2番目に多い、25万人を超える在留外国人の方々が生活し、約15万人の外国人労働者の方々が働いています。そして、本年4月施行の改正出入国管理法による新たな在留資格「特定技能」の創設に伴い、今後、更に多くの外国人材が本県で居住し、就労することが想定されます。
 本県では、外国人材の適正な受入れや共生の推進に向けた環境整備が適切に行われるよう、関係する行政機関や経済団体、労働者団体などにおいて情報共有や相互連携を図るため、新たに協議会を設置しました(協議会の設置については平成31年1月15日に発表済み)。
 この度、第1回「あいち外国人材適正受入れ・共生推進協議会」を下記のとおり開催しますので、お知らせします。

1 日時

 平成31年2月22日(金曜日) 午後3時から午後4時30分まで

2 場所

 愛知県三の丸庁舎 2階 アイリスルーム
 (名古屋市中区三の丸2丁目6番1号)

3 出席者

 大村 秀章 愛知県知事
 藤原 浩昭 名古屋入国管理局長 ほか

4 構成団体(順不同)

 名古屋入国管理局、愛知労働局、東海北陸厚生局、東海農政局、中部経済産業局、中部地方整備局、中部運輸局、愛知県商工会議所連合会、愛知県商工会連合会、(一社)中部経済連合会、愛知県経営者協会、愛知県中小企業団体中央会、日本労働組合総連合会愛知県連合会、愛知県市長会、愛知県町村会、(公財)愛知県国際交流協会、東海日本語ネットワーク、愛知県(18団体)

5 議事(予定)

(1) あいち外国人材適正受入れ・共生推進協議会について
(2) 改正出入国管理及び難民認定法並びに外国人材の受入れ・共生のための総合的対応策について
(3) 愛知県の多文化共生推進に係る主な取組について
(4) 構成団体からの情報提供等

6 傍聴について【受付を終了しました】

(1) 傍聴定員
    10名(事前申込制。希望者多数の場合は抽選。)
(2) 傍聴手続
    傍聴申込書に必要事項を記入し、平成31年2月20日(水曜日)午後5時までに電子メール、ファックスまたは郵便(必着)でお申込みください。
    申込みに際しては、傍聴要領を十分に御確認ください。
    傍聴申込書・傍聴要領は、以下のリンクからダウンロードできます

あいち外国人材適正受入れ・共生推進協議会Webページ

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)