ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 企画課 > 【知事会見】県政150周年記念ロゴマークキャラクターの名称決定及び記念事業の選定について

【知事会見】県政150周年記念ロゴマークキャラクターの名称決定及び記念事業の選定について

 愛知県では、2022年の県政150周年に向けて、庁内各局等の連携のもと、県政150周年記念に係る事業を着実に推進するために設置した県政150周年記念推進本部第2回会議(本部長:知事)を本日(8月16日)開催し、県政150周年記念のシンボルとなるロゴマークキャラクターの名称を決定するとともに、愛知の将来の発展を牽引する象徴的なプロジェクトを県政150周年記念事業として選定しましたのでお知らせします。

1 県政150周年記念ロゴマークキャラクターの名称について

 県政150周年記念のシンボルとして、株式会社スタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーに制作していただいたロゴマークのキャラクターの名称を、5月10日から一般公募し、外部有識者を中心とした審査委員会での審査を経て、県政150周年記念推進本部会議(第2回)において決定(募集については5月10日発表済み。)。

(1)募集期間

2021年5月10日月曜日から7月9日金曜日まで

(2)応募総数

2,582通(かたつむり1,284通、鳥1,298通)

(3)名称

 
ロゴマークかたつむり鳥
名称いこまいまいあいちゅん
選定理由着実に「行こう」という意味とかたつむりを「まいまい」とも表現することをかけている。15が「いこ」とも読めるので150年の意味も込められている。「あいち」と鳥の鳴き声「ちゅん」を組み合わせて「あいちゅん」となる。覚えやすく、呼びやすい名称になっている。

<参考>県政150周年記念ロゴマークキャラクター名称審査委員会名簿

 
氏名(敬称略)所属・職名等
赤堀 慎次 (あかほり しんじ)中日新聞社編集局整理部デスク
佐藤 直樹 (さとう なおき)愛知県立芸術大学美術学部准教授
谷口 優 (たにぐち ゆう)月刊「宣伝会議」編集長
村上 佳菜子 (むらかみ かなこ)プロフィギュアスケーター(LOVEあいちサポーターズ)
沼澤 弘平 (ぬまさわ こうへい)愛知県政策企画局長

2 県政150周年記念事業について

 愛知の将来の発展を牽引する象徴的なプロジェクトを「県政150周年記念事業」として6事業を選定。

記念事業
1ジブリパーク
2国際芸術祭「あいち2022」
3ステーションAi
4愛知県新体育館
5愛知県基幹的広域防災拠点
6愛知県畜産総合センター種鶏場

<県政150周年記念事業選定基準>

  1. 県民のできるだけ幅広い参加又は利用が可能なものであること。ただし、主として特定地域の住民又は特定の県民の利用・参加を対象とするものでも、国際的な規模のもの、全国的にみて、初めてのものや、機能が優れている等ユニークなものは含めるものとする。
  2. 県が主催又は実施することがふさわしいものであること。なお、国の制度等に基づいて実施するものは、県が独自の考え方で実施するものであること。
  3. 「あいちビジョン2030」の推進に資するものであること。
  4. 県政の理解、PRに役立つものであること。
  5. 原則として2022年を中心に前後1年間で招致・準備・開催するソフト事業、又は着手(実施を前提とする調査を含む。)・継続・竣工するハード事業であること。

3 今後の県政150周年の周知について

 県政150周年記念ロゴマークとともに名称も活用し、ポスターやPRグッズなどを作成し、県政150周年をPRしていく。

 また、選定した事業については、「県政150周年記念事業」という冠を付してPRすることで、県政150周年の周知に活用していく。