ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 観光・文化・スポーツ > 愛知の観光情報 > 愛知の観光情報 > 第32回全国都市緑化あいちフェアの愛称とシンボルマークが決定!~モリコロパーク春まつりで入選作品受賞者の表彰式を行います~

第32回全国都市緑化あいちフェアの愛称とシンボルマークが決定!~モリコロパーク春まつりで入選作品受賞者の表彰式を行います~

第32回全国都市緑化あいちフェアの愛称とシンボルマークが決定!

 第32回全国都市緑化あいちフェア実行委員会は、本フェアが県民を始め広く多くの方に親しまれるものとなるよう、誰もが覚えやすく言いやすい、親しみのあるフレーズで表現した「愛称」を公募したところ、県内外から389点の応募がありました。

 審査の結果、最優秀作品として「花と緑の夢あいち 2015」が選ばれ、これを愛称とすることが決定しました。

 さらにフェアの「シンボルマーク」も作成し、愛称と併せ今後ポスターやPRグッズなどに掲載し、広くフェアのPRに活用していきます。

 愛称に決定した最優秀作品を始めとする入選作品受賞者の表彰式をフェアのメイン会場となる「愛・地球博記念公園」において行い、「緑化特別大使」としてフェアを盛り上げる公式キャラクター「モリゾー・キッコロ」も同席し、フェアのPRを行います。

1 愛称について

(1)入選作品:

ア 最優秀作品(1点):賞状及び副賞(図書カード3万円分)

「花と緑の夢あいち 2015」

 小寺光雄(こでら みつお)様(名古屋市、会社員)

 ※ 「夢」という単語に「未来への希望」を連想させるメッセージ性があり、言いやすく親しみが持てる作品であるということが評価されました。

イ 優秀作品(3点):賞状及び副賞(図書カード5千円分)

「あいち 花と緑の物語2015」

 池内 隆介(いけうち りゅうすけ)様(大阪市、会社員)

「花と緑のハーモニーあいち2015」

 大井田 雄策(おおいだ ゆうさく)様(東京都大田区、会社員)

「花と緑とモリコロと 2015あいち」

 山口 敦也(やまぐち あつや)様(瀬戸市、小学1年生) 

(2)応募状況について

ア 応募総数  389点

イ 募集期間  平成25年12月16日(月)~平成26年1月20日(月)   

ウ 応募方法  はがき、ファクシミリ、電子メール

2 シンボルマークについて

シンボルマークの図柄

 

(1)デザインの意図:

 あいちの木や花をイメージした温もり感があるデザインとなっています。

 愛知の2015年は木々や花々が咲き誇ることを賑やかにストレートに表現しています。

 人の手の温もりがする、フリーハンドの筆で描かれた円(=花・木)により、期待感と親しみやすさを持たせています。

(2)デザイナー:小川明生氏

 名古屋市在住のグラフィックデザイナーで、セントレア、COP10、ESDユネスコ世界会議等の地元イベントのロゴを始め、数多くのシンボルマーク等を手がけている。

3 表彰式について

(1)日時

平成26年3月22日(土)午後0時30分~1時

(2)場所

愛・地球博記念公園(モリコロパーク) 体育館

 長久手市茨ヶ廻間乙1533-1

(3)内容等

ア 知事による入選作品受賞者への表彰状等の授与

イ 緑化特別大使「モリゾー、キッコロ」への任命状の授与 

 他、愛称、シンボルマークの披露等によるフェアのPRを行います。(詳細については後日改めて情報提供を予定しています。)

 また、会場のモリコロパークでは、春まつり等を開催中です。

4 今後の活用について

今回決定した「愛称」及び「シンボルマーク」は、今後ポスターや啓発資材などに展開し、広くフェアのPRに活用していきます。

5 参考(第32回全国都市緑化あいちフェアの概要)

(1)開催期間

平成27年9月12日(土)~11月8日(日)の58日間

(2)開催場所

メイン会場:愛・地球博記念公園

(3)開催概要

別紙

問合せ

愛知県 建設部 公園緑地課 
全国都市緑化フェア推進室 企画・調整グループ
(第32回全国都市緑化あいちフェア実行委員会事務局) 
担当 小嶋、小柳、佐橋
内線 3471、3472
ダイヤルイン 052-954-6635

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)