ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 公園緑地課 > 小幡緑地において民間活力を導入するための事業者を公募します

小幡緑地において民間活力を導入するための事業者を公募します

小幡緑地において民間活力を導入するための事業者を公募します ~小幡緑地のさらなる魅力向上を図ります~

2019年9月6日(金曜日)発表

 愛知県では、小幡緑地の魅力向上を図るため、愛知県として初めてPark-PFI制度を活用し、新たな公園施設の設置及び管理運営を行う事業者を公募します。

 小幡緑地本園の緑豊かな疎林地を活かした飲食店、売店や遊戯施設等の収益的な施設(以下、「公募対象公園施設」という。)と、公募対象公園施設周辺の園路や広場等の一般的な公園施設(以下、「特定公園施設」という。)を、一体的に設置及び管理運営を行うことで、小幡緑地の魅力向上を図ります。

 

1 公募の概要

(1) 対象施設

 
区分募集施設の概要
公募対象公園施設必須提案施設都市公園法に規定される「便益施設」、「遊戯施設」
※飲食提供を伴う「休憩施設」、及び、遊戯性の高い「運動施設」、等も提案可能
任意提案施設「飲食店」、「売店」
※必須提案施設に加えて提案する場合に限り、必須提案施設と別の区域に提案することが可能
特定公園施設必須提案施設もしくは任意提案施設と一体性があり、公園利用者の利便性向上に資する施設
※Park-PFI制度を活用するにあたり整備が必要となる施設

(2) 設置区域(「別図」参照)

 
区分公募区域
公募対象公園施設必須提案施設本園西側の疎林地(最大約1.6ha)
任意提案施設本園西側の芝生広場(最大約2.4ha)
特定公園施設上記区域内で、それぞれの提案施設と一体性のある区域

(3) 応募方法

 
手続き期間応募方法
応募登録の受付2019年 9月6日 ~ 2019年10月31日受付窓口に応募登録申込書を持参
公募設置等計画の受付2019年11月1日 ~ 2019年12月 6日受付窓口に公募設置等計画等を持参もしくは郵送

  ※受付窓口:都市整備局 都市基盤部 公園緑地課 企画・都市緑化G (愛知県庁 本庁舎 5階 南東)

 

2 特徴

  • 民間企業の資金やノウハウを活用することにより、魅力度の高い施設の設置や利用者満足度の高い管理運営が期待できます。
  • 愛知県として初めて「Park-PFI制度」を活用することにより、公募対象公園施設から見込まれる収益を活用して、その収益施設周辺に、一般の公園利用者が利用する特定公園施設の設置及び管理運営も求めることができます。
  • 県営都市公園においては、これまでに下記の2施設で民間活力を活用した施設を導入しており、両施設とも、公園の賑わいに貢献しています。
 
公園名導入施設名事業者名オープン
大高緑地ディノアドベンチャー名古屋(株)エヌエーオー2016年7月
新城総合公園フォレストアドベンチャー・新城エバイス(株)2018年3月

   ※都市公園法改正前の導入施設であるため、「Park-PFI制度」は活用していません。

3 今後の予定

 
日程内容
2019年 9月6日公募設置等指針の公示
2019年 9月6日 ~ 10月31日応募登録の受付
2019年11月1日 ~ 12月 6日公募設置等計画の受付
2019年12月 下旬選定委員会による審査及び選定
2020年 1月 上旬設置等予定者の選定結果の通知
2020年 2月 下旬公募設置等計画の認定

4 別図

 愛知県営小幡緑地 公募区域等平面図 [PDFファイル/1MB]

5 その他

Park-PFI制度の概要

  • 2017年の都市公園法改正により設けられた、民間資金を活用した都市公園の新たな整備・管理手法です。
  • 下記の公園施設の設置・管理を一体的に行う民間事業者を、公募により選定します。

   [1]公募対象公園施設
     飲食店や売店等、公園利用者の利便向上に資する施設。

   [2]特定公園施設
     [1]から見込まれる収益を活用して整備する園路や広場等の一般利用者が利用する施設。

P-PFI概要

6 「愛知県営小幡緑地公園施設の設置又は管理及び公募の実施に関する指針」

 愛知県営小幡緑地公園施設の設置又は管理及び公募の実施に関する指針 [PDFファイル/1.89MB]

 様式第1号~第23号(ただし様式第16号を除く) [Wordファイル/126KB]

 様式第16号 [Excelファイル/33KB]

  

問合せ

愛知県 都市整備局 都市基盤部 公園緑地課
企画・都市緑化グループ
電話:052-954-6526(ダイヤルイン)
内線:2675、2679
E-mail: koen@pref.aichi.lg.jp

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)