ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 県政情報 > 広報・広聴・情報公開 > 広報・広聴 > 「広報あいち」の『音声コード版』を全国で初めて発行します!

「広報あいち」の『音声コード版』を全国で初めて発行します!

  愛知県の基幹広報紙である「広報あいち」は、県の重要施策や県民生活にかかわりの深い県政情報を幅広く県民の皆様に提供していくことを目的として毎月発行しています。

  視覚障害者の方々の社会参加の促進と自立支援の観点から、県政情報のバリアフリーをめざし、可能な限り県政全般に係る情報の提供を行うことを目的に今回、新たに「広報あいち」の『音声コード版』を発行することとしました。

  これは、全都道府県発行の基幹広報紙での事例はなく、全国初の取組です。

 

1 発行方法

  毎月第2月曜日(第2月曜日が第1日曜日の翌日の場合は、第3月曜日)までに、県関係機関および県内全市区町村の窓口(福祉担当課室等)に設置。

  第1回目となる6月号は、6月14日(月)に発行および設置。

 

2 発行内容等

  「広報あいち」紙面全30段分(写真、絵、図を除く)を音声コード化し、 はがきサイズ用紙の両面印刷2枚(音声コード最大16個)程度で発行。

 

3 設置場所

  91か所

   県関係機関 18か所(広報広聴課1、障害福祉課1、県福祉相談センター7、県民生活プラザ8、県図書館1)

   市区町村  73か所(57市町村+16区役所 福祉担当課室窓口)

 

4 参考事項

    平成16年に「障害者基本法」の改正により、「何人も、障害者に対して、障害を理由として、差別することその他の権利利益を侵害する行為をしてはならない」旨が規定されました。

   平成18年には、国連で「国連障害者権利条約」が採択され、平成19年に政府が「障害者権利条約」に署名し、国会・厚生労働省等で音声コードの普及が図られています。

   本県では、平成21年2月定例県議会において、「県発行の書類と広報紙への音声コード付加」についての請願書が採択されたことを踏まえ、健康福祉部において「視覚障害者のための音声コード普及に係る基本方針」を平成21年6月に策定し、全庁をあげて音声コードの普及・推進をめざしています。

問合せ

愛知県 知事政策局 広報広聴課 広報グループ
担当 澤田、野々垣
ダイヤルイン 052-954-6170
E-mail: koho@pref.aichi.lg.jp