ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > くらし・安全・環境 > パスポート・国際化 > 国際交流 > 北朝鮮による日本人拉致問題について

北朝鮮による日本人拉致問題について

 

北朝鮮による日本人拉致問題について

 1970年代から1980年代にかけて、多くの日本人が不自然な形で行方不明となりました。これらの事件の多くは、北朝鮮による拉致の疑いが持たれており、警察庁発表による「北朝鮮による拉致の可能性を排除できない行方不明者の方々」は883人となっています。
 2002年(平成14年)9月の第1回日朝首脳会談で、北朝鮮が日本人拉致を初めて認め、その年の10月に5人の拉致被害者が帰国しました。しかし、そのほかの被害者については、いまだ進展がありません。

 北朝鮮による日本人拉致問題は、国民の生命と安全に関わる重大な人権問題です。
 拉致問題の一刻も早い解決は国民の願いであり、政府及び関係機関は、すべての拉致被害者の一日も早い帰国の実現に取り組んでいます。

北朝鮮人権侵害問題啓発週間(12月10日~16日)

 毎年12月10日から12月16日は、「北朝鮮人権侵害問題啓発週間」です。

北朝鮮人権侵害問題啓発週間ポスター 平成18年6月に「拉致問題その他北朝鮮当局による人権侵害問題への対処に関する法律」が施行され、毎年12月10日から同月16日までが、「北朝鮮人権侵害問題啓発週間」と定められました。

 拉致問題は、我が国の喫緊の国民的課題であり、この解決を始めとする北朝鮮当局による人権侵害問題への対処が、国際社会を上げて取り組むべき課題とされています。

  こうした法律の施行も踏まえながら、県では平成18年度以降、12月の啓発週間を中心に、啓発ポスターの配付・掲示、あいち人権プラザでの企画展等を実施してきました。

 今後も拉致問題その他北朝鮮当局による人権侵害問題に関する認識を深めるとともに、啓発活動を継続することで、この問題の解決に向けた側面的な支援となるべく、引き続き県民意識の向上を図ってまいります。

参 考   法務省 北朝鮮人権侵害問題啓発週間

令和元年度の取組

北朝鮮による拉致問題に関する企画展等について

 国際課では、広く県民の皆様に人権について考えていただく機会として、企画展「北朝鮮による拉致問題について」を開催します。同週間啓発ポスターを掲出するほか、北朝鮮拉致問題に関する資料配布、アニメ「めぐみ」などの映像を常時放映します。

期 間  令和元年12月10日(火曜日)~16日(月曜日) 午前9時~午後5時15分
                            (最終日:午後4時まで)

場 所  あいち人権啓発プラザ 名古屋市中区三の丸3-2-1 愛知県東大手庁舎3階  

      プラザ位置図

内 容  拉致問題啓発ポスター等の掲示
      北朝鮮人権侵害問題啓発週間ポスターの掲示
      北朝鮮による日本人拉致問題に関する各種パンフレットの配布
      アニメ「めぐみ」「ご家族からのメッセージ」の上映

平成30年度の取組

映画「めぐみ-引き裂かれた家族の30年」上映会(愛知県あま市)を開催しました。

平成31年2月6日(水曜日)、あま市美和文化会館(大ホール)において、映画「めぐみ」上映会を開催しました。

開催日時   平成31年2月6日(水曜日)あま市上映会チラシ
          午後2時開会 午後4時閉会

場   所   美和文化会館(大ホール)(愛知県あま市花正地先1番地1)

主   催   あま市、愛知県、政府拉致問題対策本部

プログラム 
         ○開会あいさつ
         ○政府の取組について(政府拉致問題対策本部)
         ○映画「めぐみ-引き裂かれた家族の30年」上映

問合せ先   あま市 企画財政部 人権推進課

関連リンク

北朝鮮による拉致問題に関する企画展等について

 国際課では、広く県民の皆様に人権について考えていただく機会として、企画展「北朝鮮による拉致問題について」を開催しました。同週間啓発ポスターを掲出するほか、北朝鮮拉致問題に関する資料配布、アニメ「めぐみ」などの映像を常時放映しました。

期 間  平成30年12月10日(月曜日)~14日(金曜日) 午前9時~午後5時15分
                            (最終日:午後4時まで)

場 所  あいち人権啓発プラザ 名古屋市中区三の丸3-2-1 愛知県東大手庁舎3階  

内 容  拉致問題啓発ポスター等の掲示
      北朝鮮人権侵害問題啓発週間ポスターの掲示
      北朝鮮による日本人拉致問題に関する各種パンフレットの配布
      アニメ「めぐみ」「ご家族からのメッセージ」の上映

北朝鮮向け短波ラジオ放送「ふるさとの風」「しおかぜ」共同公開収録 in 名古屋への協力

 北朝鮮による日本人拉致問題の普及・啓発などを目的として、北朝鮮向けラジオ放送「ふるさとの風」「しおかぜ」共同公開収録が、平成30年8月12日(日曜日)、名古屋市中川文化小劇場ホール(名古屋市中川区吉良町178‐3)で開催されました。当日は、特定失踪者のご家族によるメッセージ収録や、共同コンサートのほか、スペシャルゲスト河村たかし名古屋市長による公開メッセージ収録等も行われました。

開催日   平成30年8月21日(日曜日)午後2時から4時(開場 午後1時)

主 催   内閣官房拉致問題対策本部事務局、特定失踪者問題調査会

場 所   中川文化小劇場 ホール (〒454-0874 名古屋市中川区吉良町178番地の3)

関連リンク

様々な取組

家族会・救う会による署名運動について

署名用紙 「北朝鮮による拉致被害者家族連絡会(家族会)」と「北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会(救う会)」では、拉致問題早期解決のための署名活動を実施しています。

 家族会・救う会による署名にご協力いただける方は、救う会ホームページから用紙をダウンロードし、ご活用ください。
 なお、集めた署名用紙(原本)につきましては、お手数ですが下記住所までご郵送をお願いいたします。(FAX不可)

○ 署名用紙 救う会ホームページへのリンク(外部リンク)

○ 送付先
  〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
  救う会(北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会)

 

ブルーリボン運動について

ブルーリボンブルーリボンは、「北朝鮮に拉致された日本人を救出する市民ネットワーク(NGO)」が展開している拉致被害者の生存と救出を祈る意思表示を行う運動です。

ブルーリボンは、日本と北朝鮮を隔てる日本海と、拉致被害者の家族を結ぶ青い空をイメージし、「近くて遠い国の関係である、日本と北朝鮮の間で、空と海だけが国境無しに続き、拉致被害者とその家族や日本人が空と海を見上げて、同時に無事再会の時を願う意思表示」を表しています。

ブルーリボンバッジは「北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会(救う会)」のウェブサイトにて、1つ500円(2つ以上受付)で購入できます。

問合せ

愛知県 政策企画局 国際課  052-954-6180

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)