ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 交通対策課 > 公共交通を利用して地域の魅力スポットをゆったり周遊するエコたびプラン

公共交通を利用して地域の魅力スポットをゆったり周遊するエコたびプラン

 愛知県では地域の対流や交流を促進するため、鉄道やバスなどの公共交通機関を利用して、地域のコアなスポットや地元の人しか知らないような地域資源を周遊する「エコたび」プランを創出しましたので、ご紹介します。

公共交通で楽しむエコたびin知多半島

 公共交通機関を使って、知多半島の南部(常滑市、半田市、南知多町、美浜町、武豊町)の食や文化、美しい景観を再発見して頂き、旅を満喫できる7つのプランです。

エコたびプラン01エコたびプラン02エコたびプラン03-01エコたびプラン03-02エコたびプラン04エコたびプラン05エコたびプラン06エコたびプラン07

エコたびプランを検討する会議の状況

地域の行政(交通・観光担当)、観光協会、交通事業者や大学生等とともに、公共交通を使ってゆったり周遊するエコたびプランを創出するための会議を2018年8月から2019年2月まで開催しました。

 

エコたびプランの検討会議状況(facebook)

エコたびプランの現地調査

 エコたびプランの創出にあたって、会議の構成員が現地調査を2018年9月から10月まで実施しました。

現地調査の様子を以下のとおり、youtubeで公開しています。

 

北部コース(中部国際空港を12時30分に出発して、常滑市や半田市の博物館を巡るコース)

南部コース(名鉄河和駅を8時50分に出発して、篠島や羽豆岬を巡るコース)

中部コース(JR半田駅を10時に出発して、半田市や武豊町等の鉄道遺産を巡るコース)

西部コース(名鉄常滑駅を9時15分に出発して、常滑市や美浜町を巡るコース)

よくばりコース(JR半田駅を8時45分に出発して、知多半島南部を巡るコース)