ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > くらし・安全・環境 > 社会基盤・交通 > 公共交通 > リニア中央新幹線の開業に向けた愛知県の取組と県内市町村の取組

リニア中央新幹線の開業に向けた愛知県の取組と県内市町村の取組

リニア中央新幹線の開業に向けた愛知県の取組と県内市町村の取組

リニア中央新幹線は、中部国際空港、新東名高速道路などとともに、交流の基盤となる広域交通ネットワークを形成し、愛知県の社会・経済に大きな波及的効果を与えると考えられます。このため、本県では、リニア中央新幹線の早期整備や開業効果を生かすための取組を進めております。また、県内市町村においても様々な取組が進められています。

愛知県の取組

本県では、沿線9都府県で構成するリニア中央新幹線建設促進期成同盟会(1979年設立。会長:愛知県知事)の活動などにより、国、JR東海等に対し早期整備を働きかけていくとともに、2014年12月に本県、名古屋市及びJR東海の間で締結した「中央新幹線の建設とその開業を見据えた地域づくり等について基本合意書」に基づき、リニア中央新幹線の整備に向け、用地取得や建設発生土の公共事業等での活用等に関する協力を行っています。(左側の写真:2019年度リニア中央新幹線建設促進期成同盟会総会。右側の写真:中央新幹線の建設とその開業を見据えた地域づくり等について基本合意書の締結。)

2019年度リニア中央新幹線建設促進期成同盟会総会写真  中央新幹線建設とその開業を見据えた地域づくり等について基本合意書の締結

 

加えて、リニア中央新幹線の開業による時間短縮効果を県内により広域的に波及させるため、2014年度に「リニアを見据えた鉄道ネットワークの充実・強化に関する方策案」を取りまとめ、名古屋駅の乗換利便性の向上、名古屋駅と豊田市間の速達化、東海道新幹線駅の利活用の促進等に向けた取組を進めています。
名古屋駅の乗換利便性の向上については、2016年度から、わかりやすい乗換空間の形成等のために名古屋市に対して補助を行っています。
また、県が進める知立駅付近連続立体交差事業は、名古屋駅と豊田市間の速達化にも寄与する事業です。(知立駅付近連続立体交差事業パンフレット [PDFファイル/5.22MB]

「リニアを見据えた鉄道ネットワークの充実・強化に関する方策案」

県内市町村の取組

尾張地方(名古屋)
市町村名
名古屋市
尾張地方(尾張)
市町村名
一宮市瀬戸市春日井市江南市小牧市
稲沢市尾張旭市豊明市清須市北名古屋市
長久手市    
尾張地方(海部)
市町村名
津島市弥富市あま市  
尾張地方(知多)
市町村名
半田市常滑市東海市大府市知多市
阿久比町東浦町武豊町  
三河地方(西三河)
市町村名
岡崎市刈谷市豊田市安城市知立市
三河地方(東三河)
市町村名
豊橋市豊川市蒲郡市新城市豊根村

名古屋市

豊橋市

岡崎市

一宮市

瀬戸市

半田市

春日井市

豊川市

津島市

刈谷市

豊田市

安城市

蒲郡市

常滑市

江南市

小牧市

稲沢市

新城市

東海市

大府市

知多市

知立市

尾張旭市

豊明市

清須市

北名古屋市

弥富市

あま市

長久手市

阿久比町

東浦町

武豊町

豊根村

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)