ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 航空対策課 > 振興部航空対策課の事業内容

振興部航空対策課の事業内容

(1)中部国際空港の機能拡充等について

 中部地域の重要な国際交流基盤である中部国際空港について、更に利便性を高め、その機能を十分に発揮させるため、航空需要の拡大に努めるとともに、二本目滑走路(完全24時間化)を始めとする機能強化の実現に向けて取り組みます。

ア 需要拡大への取組

(ア)本県による取組


 知事・副知事等による海外の航空会社等へのエアポートセールスや、アウトバウンドの促進に取り組み、国内・海外との交流を支える航空ネットワークの維持・充実を図ります。

(イ)中部国際空港利用促進協議会との連携による取組


 東海三県と名古屋市、経済団体、中部国際空港株式会社等で構成する中部国際空港利用促進協議会と連携し、航空会社に対する就航促進事業や訪日外国人の誘致、利用促進に向けた企業への働きかけなどに取り組みます。
 

イ 二本目滑走路(完全24時間化)を始めとする機能強化の実現に向けた取組

 
 東海三県と名古屋市の行政、経済関係団体等で構成する中部国際空港二本目滑走路建設促進期成同盟会の活動を通じ、本県はじめ中部地域の国際競争力を高め、更なる発展に不可欠な二本目滑走路(完全24時間化)を始めとする機能強化の実現に向けて、機運の醸成や国への働きかけなどに取り組みます。
 

ウ 地元との調整


 中部国際空港に係る環境等の問題について、関係自治体や「中部国際空港を核とした知多地域振興協議会」、「中部国際空港海部地区連絡会」などの関係団体と連携・協力する等により、中部国際空港の円滑な運営を支援します。
 

(2)県営名古屋空港の管理運営等について

 わが国初の本格的な小型機の拠点空港である県営空港について、安全で円滑な運用を図ります。

ア 管理運営


 県は設置管理者として、県営空港の運用や施設の維持管理を行う指定管理者(名古屋空港ビルディング株式会社)とともに、安全で適切な空港の管理運営を行います。
 

イ 施設の整備


 空港機能を適切に維持管理していくため、土木、電気、建築施設の改修、修繕を実施します。
 

ウ コミューター航空・ビジネス航空の利用促進


 名古屋商工会議所、地元自治体等で構成する県営名古屋空港協議会を中心に、ポスター、チラシ等の各種広報媒体の活用、さらには、就航先とも連携・協力し、県営空港のコミューター路線のPR活動を積極的に進める等、県営空港の利用促進を図ります。
 また、国際ビジネス機の受入促進のため、世界の航空関係者が集まるビジネス航空関係の会議及び展示会への出展・参加など、国際ビジネス機にとって利便性の高い県営空港を積極的にアピールするとともに、利用を働きかけます。
 

エ 周辺環境対策の実施


 空港の設置管理者として、住宅騒音防止対策事業などの空港周辺地域に対する環境対策を適切に実施します。
 

オ 民間航空機生産・整備拠点事業の推進

 
 「アジアNo.1航空宇宙産業クラスター形成特区」構想の拠点の一つに位置付けられた県営空港周辺地域において、民間航空機生産・整備拠点の形成に向け、関係者との連携を図ります。
 

カ あいち航空ミュージアムの管理運営

 
 県営空港内に整備した航空機をテーマとしたあいち航空ミュージアムについて、指定管理者(名古屋空港ビルディング株式会社)と連携し、利用促進、適切な管理運営を行います。

 

問合せ

愛知県 建設局 航空対策課

E-mail: kouku@pref.aichi.lg.jp