ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 航空対策課 > 旭川の魅力-中部国際空港の就航先紹介

旭川の魅力-中部国際空港の就航先紹介

中部国際空港から北海道の旭川空港へは、ANAが所要時間約110分で1日1往復(冬期一部運休あり)運航しています。旭川空港周辺の魅力をご紹介します。

旭川空港周辺地図

旭川空港周辺のみどころ

旭川市

札幌市に次ぐ北海道第二の人口約34万人を有する道北の経済、産業、文化の中心都市です。「国際会議観光都市」に認定されており、年間500万人以上の観光入込客数があり、道北の観光の基点として最適です。
別途ご紹介している旭山動物園以外にも多数の観光地があります。また、ご当地ラーメンの「旭川ラーメン」はファンも多く、全国的に有名です。
旭川空港から旭川駅までのアクセス
タクシー・車で約30分、定期バスで約35分
旭川ラーメン

旭山動物園

日本の動物園のなかで最北に位置する動物園です。園内のテーマは、『伝えるのは、命』。
動物の自然な生態が見られる行動展示を実施して、一躍有名になっています。
平成29(2017)年は開園50周年にあたり、月替わりのイベントを開催中です。
旭川空港から旭山動物園までのアクセス
タクシー・車で約30分、所要時間:約35分
ペンギン

美瑛町

なだらかな丘陵と豊かな自然環境と景観が特徴になっている町です。春から秋にかけての美しい丘や並木の景色は有名ですが、水面が青く輝く青い池は、冬季限定で白銀の世界に包まれた池にライトアップを実施して、幻想的な表情を楽しめます。
「美しい日本のむら景観百選」、「美しい日本の歩きたくなるみち500選」に選定されています。
旭川空港から美瑛駅までのアクセス
旭川発ー富良野着のふらのバス「ラベンダー号」1日8便で所要時間16分または
レンタカー・車で約15分
美瑛の畑と丘

富良野市

北海道のほぼ中央にあり、富良野盆地の中心都市です。テレビドラマ『北の国から』の反響によって多くの旅行者が訪れるようになり、周辺地域を含めて北海道を代表する観光地になっています。
「美しい日本のむら景観百選」、「ふらののラベンダー」として環境省から「かおり風景100選」、「十勝岳山麓に広がる田園風景」として「人と自然が織りなす日本の風景百選」に選定されています。
旭川空港から富良野駅までのアクセス
旭川発ー富良野着のふらのバス「ラベンダー号」1日8便で所要時間60分弱または
レンタカー・車で国道237号線で60分
富良野ラベンダー畑

大雪山と層雲峡

北海道中央部にそびえる火山群で北海道最高峰の旭岳も大雪山にあります。一つの山ではないため、「大雪山系」とも呼ばれています。大雪山国立公園は南北63km、東西59kmに及ぶ広大な広さです。
広大な山岳風景を旭岳ロープウェイやリフトを使うことで比較的簡単に楽しめます。
大雪山の西側には、層雲峡があり、断崖絶壁や滝だけでなく北海道有数の温泉を楽しめます。
旭川空港から旭岳ロープウェイまでのアクセス
タクシー・車で約60分
旭川空港から層雲峡のアクセス
タクシー・車で約80分
定期バスで約145分(旭川駅乗り継ぎ)
層雲峡の紅葉