ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 航空空港課 > 【変更】【知事会見】国際的な人の往来再開に向けた措置に係る国への要望について

【変更】【知事会見】国際的な人の往来再開に向けた措置に係る国への要望について

2020年7月21日(火曜日)追記
2020年7月20日(月曜日)付けで記者発表を行いました「【知事会見】国際的な人の往来再開に向けた措置に係る国への要望について」で調整中でした日時及び要望先が確定しましたので、お知らせします。
2020年7月20日(月曜日)発表
愛知クラブ(東京)同時

国際的な人の往来再開に向けた措置に係る国への要望について~中部国際空港での検疫体制の拡充等に関する要望~

  現在、国において成田、羽田、関西の3空港を対象にビジネス上必要な国際的な人の往来再開に向けた措置の検討が進められているところです。そこで、愛知県は地元関係団体とともに、その対象に中部国際空港を含め、検疫体制を拡充するよう国に要望を行いますのでお知らせします。

1 日時等

2020年7月22日(水曜日)
午前9時55分~午前10時10分  要望先:加藤勝信厚生労働大臣(場所:大臣室)
午前10時30分~午前10時45分 要望先:赤羽一嘉国土交通大臣(場所:大臣室)
※相手方の都合等により、当日面会不可又は面会時間が変更となることがありますので、ご承知ください。
※ぶらさがり取材対応については、国土交通大臣への要望後を予定しています。

2 要望先

厚生労働大臣、国土交通大臣(その他、内閣府(経済再生担当)、法務省、外務省、経済産業省に要望書提出予定)
 ※要望先は変更となる場合があります。

3 要望予定者

愛知県(大村知事)、岐阜県、三重県、名古屋市、名古屋商工会議所、一般社団法人中部経済連合会及び中部国際空港株式会社

4 要望内容

(1)ビジネス上必要となる国際的な人の往来に係る出入国の措置について、中部国際空港も対象とすること。また、そのために必要となるPCRセンターを設置すること。なお、その際には、中国(香港及びマカオを含む。)及び韓国からの旅客便を中部国際空港に到着できるようにすること。
(2)出国前のPCR検査証明等を発行する施設を中部地域に設置すること。

5 取材について

 要望時の取材は、頭撮りのみ可能です。
取材を希望される場合は、7月21日(火曜日)午前中までに建設局航空空港課利用促進グループ
(電話052-954-6133)に会社名、氏名、連絡先等を必ずお知らせください。
 なお、要望先への入庁手続は、各社で行ってください。